NEW
「労働基準監督署は働く人の味方ではない」(同署職員)

労働者追い払う?ハローワーク、労基署、相談コーナーの実態

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

労働基準監督署を管轄する厚生労働省
(「Wikipedia」より)
 ブラック企業経営者の本音について、以前本サイトで紹介したが(『現役ブラック企業社長が、社員を安くこき使う華麗な手口を暴露!』)、ブラック企業に入社してしまった場合、やはり泣き寝入りするしかないのか?
 
 決してそんなことはない……と思いたい。だが現実はかなり厳しい。今回は、「動いてくれるとブラック企業社員の味方になるが、実際にはなかなか動いてくれない」労働基準監督署(以下、労基署)の実態に迫ってみた。

●縦割り行政の壁に阻まれて

 兵庫県に住むAさん(30代後半)は、ハローワークで社員数十人規模の造園会社へ正社員として入社。しかし、ハローワークで掲示されていた求人票と、実際の待遇の隔たりがあまりにも大きかったこと、また社長による社員への暴力、社員への給与遅配など、あまりもひどいブラックぶりに業を煮やし退社するに至った。そんなAさんに話を聞いた。

ーー退職されてから、まずどこへ行かれたのですか?

Aさん(以下、A) ハローワークです。ここで求職票に出ていた条件と実際の待遇があまりにも異なると苦情を申し立てました。

ーーハローワークの担当者は、どのような反応を?

A 担当者によれば、「そもそもハローワークでは違法な内容の求人を受け付けるわけにはいかない。なので企業側がハローワークに掲載できるような条件を示して求人を行うことはある」とのことでした。

ーーでは、ハローワークでは、結局何も対応してくれなかったということですか?

A ええ。一応、事業所名を聞かれただけで、特に対応らしい対応はしてくれませんでした。その代わり兵庫労働局の総合労働相談コーナーか労基署に行って相談すればいいと、そこの電話番号は教えてくれました。

 筆者もいくつかのハローワークに同様の問い合わせを行ったところ、概ね次のような回答が返ってきた。

「ハローワークは職を斡旋するところです。そうした話は承りますが、うちでは対応しかねます。念のため、事業所名と求人番号を教えていただければ、お話は承ります。ですが、労働条件などの苦情申し立ては、労働局の総合労働相談コーナー、もしくは労基署でお願い申し上げます」

 もっともハローワークから企業を紹介されて日が浅いなどの場合は、紹介番号と事業所名を申し出れば、ハローワークのほうから企業へと問い合わせてくれることもあるという。

 しかし、紹介後に就職してからある程度時間がたっている場合は、ハローワークでの対応は、あまり期待できない。やはり労働相談コーナーや労基署などに頼るしかないようだ。

●総合労働相談コーナーでも解決せず

 Aさんは、ハローワークの担当者から教わった通り、総合労働相談コーナーに相談した。ここは労基署ではないが、労働局という厚生労働省の出先機関内にあり、同省HPによれば、「労働問題に関するあらゆる分野についての労働者、事業主からのご相談を、専門の相談員が、面談あるいは電話でお受け」してくれるという。

ーー総合労働相談コーナーでは、ハローワークと違い、退職した企業への苦情申し立てを受け付けてくれましたか?

A 話は聞いてくれました。しかし、解決には至りませんでした。

――総合労働相談コーナーでは、どのような話をされたのですか?