NEW

千野アナ、死亡事故で今後の逮捕・実刑・服役の可能性、そして量刑は?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「週刊文春」(文藝春秋/1月17日号)より
 1月2日、元フジテレビアナウンサーで、フリーアナウンサーとして活動中だった「チノパン」こと横手(旧姓千野)志麻氏が、自動車による死亡事故を起こした。

 事故から1週間後に発売された「週刊文春」(文藝春秋/1月17日号)と週刊新潮(新潮社/同号)は、揃って関連記事を掲載した。両誌の報道を総合すると、事故が起きたのは沼津市内のビジネスホテルの駐車場内。夕方5時頃、一家を乗せた横手氏運転のアウディが、外出すべく駐車場内を時速10~20kmで走行していたところ、自身の車を駐車して通路に出てきた看護師の男性に衝突。その勢いで倒れた男性の体の上に、前輪が乗り上げたかたちになったという。車輌はアウディの中でも大型のSUVだったこともあり、肋骨が折れて肺に刺さり大量出血し、死に到ったということらしい。被害者の看護師の男性は、正月休みを利用して箱根駅伝を見物するため、このホテルに宿泊していたそうだ。

 横手氏はこれからどうなるのか?

 足利事件で菅家利和氏の主任弁護人を務めた佐藤博史弁護士に、解説してもらった。

●逮捕・勾留の可能性は低い

ーー横手氏が、これから逮捕・勾留される可能性はあるのか?

佐藤博史弁護士(以下、佐藤) 今回の交通事故は現行犯。しかし、横手氏は逃亡したわけではなく、自ら通報したようなので、逮捕する必要があるかどうかは、通報を受けて警察が現場に到着した時点で判断しているはず。証拠隠滅や関係者との口裏合わせなどの可能性がなければ、その後に逮捕はされない。事故から1週間以上経っても逮捕されていないのだから、これから逮捕されるということはまずないと考えるべきだ。

ーー起訴される可能性は?

佐藤 起訴か不起訴かは、被害者、加害者双方の過失の程度によって変わってくる。また、ポイントになるのは示談が成立するかどうか。検察官は示談の成り行きを見届けて起訴、不起訴を決める。

 交通事故は、保険制度が整っているために、他の犯罪に比べると被害者への補償が格段に手厚い。今回のケースでは、加害者、被害者双方の過失の程度は報道だけではよくわからないが、横手氏の反省の度合いからすると、示談が成立する可能性は高い。

 さらに、遺族から厳しい刑事処分は望まないという嘆願書が出されると、かなり効果がある。ことに横手氏のような著名人の場合は、すでに社会的制裁を十分に受けているという判断もされやすい。とはいえ死亡事故なので、被害者側によほどの過失がないと起訴はされると思う。

ーー逮捕されないままの起訴とは、在宅起訴ということか?

佐藤 そうだ。逮捕されないと検察による取調べも任意となり、被疑者の都合を聞いて呼び出し在宅のままの起訴になる。仕事もできるし、保釈の場合と違って、国内外問わず旅行も裁判所の許可を得る必要はなく自由にできる。

●実刑の可能性は低い

ーー起訴されれば裁判にかけられ、横手氏は法廷に立つことになるのか? また、裁判には拘置所からではなく自宅から出廷することになるのか?

佐藤 起訴にも2種類あり、実際に裁判にかけられる公訴請求になれば、自宅から出廷することになる。公訴請求されず、略式起訴になれば、裁判にはかけられず、量刑も罰金刑のみになる。

ーー公判請求された場合、実刑判決が出る可能性は?