NEW
新社長の系譜、最終報告

相次ぐ企業の“異例”トップ人事のワケ 三菱重工、東芝では非本流から抜擢

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社長人事
(「Thinkstock」より)
【サプライズ】
 今春最大のサプライズ人事は「10年に1人の大物次官」と呼ばれた財務省・前事務次官の勝栄二郎氏(62)が、東証1部上場で法人向けITサービスを手掛けるインターネットイニシアティブ(IIJ)の社長兼最高執行責任者(COO)に就任することだ。創業者の鈴木幸一社長(66)は代表権のある会長兼最高執行責任者(CEO)となる。6月の株主総会後の取締役会で正式に決定する。

 民主党の野田佳彦・前政権下で消費税増税を主導し、昨年8月に財務省の事務次官を退官。その去就が注目されていたが、行き先は意外にもIT企業だった。昨年11月、IIJの特別顧問に就任した。次官就任以前から親交があった鈴木氏の招聘によるものだという。

 財務省OBは、2年ほどの浪人期間を経て政府系金融機関などのトップに就くのが慣例。「いずれ日本取引所グループなどの、しかるべきポストに就くまでの腰掛け」(霞が関関係者)との見方が多かったが、蓋を開けてみるとIIJの社長だった。業界が驚いたのも無理はない。

 鈴木氏は、日本初のインターネットプロバイダー(ネット接続業者)であるIIJの創業者。08年のリーマン・ショック前後を除くと、ほぼ2ケタ成長を続け、13年3月期の売上高は前年同期比10.0%増の1070億円、営業利益は18.0%増の75億円を見込んでいる。

 98年にはIIJとトヨタ自動車、ソニーの3社で、日本初のデータ通信会社、クロスウェイブコミュニケーションズ(CWC)を設立、自ら社長に就任した。CWCは00年に米ナスダックに上場。だが、ITバブルが崩壊。トヨタ、ソニーは支援を打ち切り、CWCは03年8月、負債総額684億円を抱えて会社更生法を申請した。

「債権者集会で謝らない経営者を初めて見たと銀行関係者を驚かせたほど、鈴木氏は鼻っ柱が強い。あの時、トヨタとソニーが支援を継続してくれていたら、今頃、CWCは世界的な超優良企業になっていたのにと悔しがっていました」(IT業界の首脳)

 IIJはCWCの破綻で窮地に陥ったが、NTTグループが支援に乗り出した。NTTが24.4%の株式を保有する筆頭株主だ。

 勝氏は埼玉県の出身。75年東京大学法学部卒業、大蔵省(現財務省)に入省。主計局長を経て10年財務次官。12年退官した。稼いでナンボの実業の世界に飛び込んだ大物官僚OBがどうやって実績を上げるかに業界の関心が集まる。

【製造業】
 キッコーマンは染谷光男社長(72)が6月下旬に相談役に退き、堀切功章(ほりきり・のりあき)代表取締役専務執行役員(61)が社長に昇格する。茂木友三郎名誉会長(78)は留任する。創業家出身の社長の誕生は、茂木氏以来9年ぶりのことだ。

 キッコーマンは茂木・高梨・堀切の8家が合同で設立した複合的同族経営として知られる。8家は経営に当たって「入社できるのは各家の男子1人だけ」と申し合わせた。社長の後継者にはナンバー2がなるというルールも決められた。10代目の社長まで一族から出していたが、11代・牛久崇司氏、12代・染谷氏と2代続けて非同族系の社長が続いた。

 堀切氏は千葉県出身。74年慶應大学経済学部を卒業、キッコーマン醤油(現キッコーマン)に入社。08年取締役、11年から代表取締役専務執行役員だ。

 米国進出50周年を迎えた07年に、キッコーマンは「グローバルビジョン2020」を打ち出したが、堀切氏はその長期ビジョンの策定に携わった。同氏は「キッコーマンのしょうゆをグローバルスタンダードにする」と抱負を語っている。

 日清紡ホールディングス(HD)は河田正也取締役専務執行役員(60)が6月下旬の株主総会後に社長に昇格する。鵜沢静社長(67)は代表権のある会長に就く。河田氏は山口県出身。75年一橋大学経済学部を卒業、日清紡績(現日清紡HD)に入社。人事畑が長く、06年執行役員、07年取締役、12年から取締役専務執行役員である。