NEW
『徹底検証 韓国論の通説・俗説』浅羽祐樹氏に聞く

「竹島」「慰安婦」問題をクリアするために求められる知性と戦略と論理とは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浅羽祐樹氏らによる話題の書
『徹底検証 韓国論の通説・俗説』
 近年、日本では、K-POPや韓流ドラマが盛り上がる一方で、韓国との関係は竹島問題や慰安婦問題といった政治的要因により冷え込んでいる。

 そんな中、「韓国は感情的で、分からない国」という声をよく聞くが、そんな韓国側の感情や論理への理解を深められる本が『徹底検証 韓国論の通説・俗説:日韓対立の感情vs.論理』(浅羽祐樹、木村幹、佐藤大介著/中公新書ラクレ/2012年)だ。また、今年2月、韓国史上女性初の大統領に就任したパク・クネ(朴槿恵)氏。パク大統領が今後、日韓関係でどう動くか気になるところだが、彼女のしたたかさや戦略について書かれたのが『したたかな韓国:朴槿恵時代の戦略を探る』(浅羽祐樹/NHK出版新書)だ。

 今回、この2冊の著者であり、日韓関係について積極的に発言している山口県立大学国際文化学部准教授の浅羽祐樹氏に「韓国における日本のプレゼンスの変化」「竹島問題」「パク・クネ大統領」などについて聞いた。

--近年の日韓韓流ブームもあり、友好的ムードがある一方で、政治的にはかなりギクシャクした関係にあります。国内を見ても、内閣府が2012年10月に行った「外交に関する世論調査」によると、「日韓関係が良好ではない」と回答した割合が78.8%と過去最高を記録しています。友好的なムードと世論調査の差について、どうお考えでしょうか?

韓国政治や日韓関係について
積極的に発言している浅羽祐樹氏
浅羽 韓国の全体像を知らないことが大きいのではないでしょうか。一部分、例えば、韓国の芸能や食、あるいは竹島や慰安婦については異常に詳しいけれども、一つひとつをつないで「一枚絵」を描ける人はほとんどいない。これには韓国を専門にしている研究者やメディアがそうした読解法を伝えきれていないという側面もあります。

 2012年8月に「親日」と思われていたイ・ミョンバク(李明博)前大統領が突然竹島に上陸したり、慰安婦問題を執拗に取り上げたり、挙げ句の果てに、自ら訪韓を要請しておきながら天皇に対して謝罪を要求しました。こうした中、多くの人にとって「韓国は中国と同じように不可解な国」と映ったのでしょう。

 しかし、イ・ミョンバク前大統領による慰安婦問題の再燃にしても、韓国国内の事情を知らなければ理解できません。そのため、どうしても過剰に反応してしまう。ですから現状をしっかり理解し、韓国が何に対し怒り、理屈を立てているならどういう理屈なのか、さらにそれが世界の標準的な考え方と合致しているのか、外れているのかを見極める必要がある。そこで韓国の全体像をお伝えし、なおかつスタンダードな読解法を提示できればと思い、この2冊の本を企画しました。

--韓国にとって日本はどんな存在なのでしょうか?

浅羽 1965年に日韓が国交正常化をした時代には、韓国にとって頼ることのできる国はアメリカと日本しかなかったのは事実です。安全保障にせよ、貿易の相手にせよ、商売の仕方から法律までの様々な物事の仕組みにせよ、日本は韓国にとって学ぶべきモデルでした。そのため、ごく最近まで日本人の多くは韓国を対等な相手と見ることができず、格下だと侮ってきました

 しかし、2011年、韓国のGDPは世界第15位となり、堂々と先進国の仲間入りを果たすようにまでなりました。それに伴い当然、外交や貿易の相手も多様化していきます。貿易に関しては、確かに日本との貿易の絶対額は増えています。しかし、貿易相手が多様化したため、日本との貿易が全体に占める割合は下がっていて、今や中国の4分の1ほどです。つまり、数ある選択肢のうちのひとつでしかなくなりつつあるということです。貿易だけではなく、韓国にとって日本のプレゼンスは下がっています。好むと好まざるにかかわらず、こうした変化した現実をまずはしっかり認識しなければならない。

●慰安婦問題デモの参加者数、実は……

--日本のプレゼンスが下がっている象徴的な例はどんなことでしょうか?