NEW

【PR】投資で損をする原因は“欲”と“焦り”…FX自動売買システムで3億6000万円の利益

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「写真素材 足成」より
 プロ野球、中日ドラゴンズに減俸の嵐が吹き荒れている。ベテラン・井端は88%ダウンを提示され、退団に追い込まれた格好だという。今期推定2億5000万円の年俸が、わずか3000万円にまで減額されるのだから、無理もない。

 一方で上がり方も派手なのがこの世界。楽天の投手・田中将大の推定年俸は4億円だが、移籍が濃厚とされる米メジャーリーグからの入札金額は100億円を越えるとも報じられている。もし楽天に残留した場合も来季年俸は8億円を超えるとの噂だ。

 ひるがえって、我々の生活には、なんと収入アップのチャンスが少ないことか。そもそも中日井端とて、いくら年俸ダウンしても3000万円である。庶民がそれだけの大金を掴むには、投資など爆発力のある副業にかけるしかない。事実、向上心の強いビジネスパーソンほど本業の稼ぎに頼らず、投資に励む傾向にあるようだ。

 ひと頃、外国為替証拠金(FX)取引で大儲けした会社役員Aが、1億4000万円を脱税し、逃亡先のシンガポールで逮捕されるという事件があった。調べによると、Aはパソコン数台を使い、自動でFXの売買ができる『投資ソフト』を使って取引をしていたという。利益が出るたびに海外の口座に送金するという用意周到さだった。

 投資というのは、心理戦の色合いが濃い。とかく儲かれば浮き足立つ、損すれば焦る。そうした心理の葛藤に勝ってこそ成功を手にすることができるわけで、そこに目を付けたのが先の脱税男だ。機械ならば、感情に左右されることはない。彼はこの心理戦を自動ソフトを使うことで乗り越え、3億6000万円の利益を手にした。脱税1億4000万円というのは犯罪だが、人間の弱さをあらかじめ計算に入れた投資手法は参考にしてもよいだろう。

 繰り返すが、投資で損する原因の一番は、欲張ったり、焦ったりする人間の誤った判断がほとんど。Aはそんな人間の弱さを、システムを使うことで補強し巨額の利益を手にしたのだ。このようなシステムの代表例がFX自動売買ソフト「FONS」。手持ちのパソコンにインストールしておくだけで、最適とされる取引を淡々と自動で行ってくれる(詳細はこちら)。

 過去5年間の運用テストで年利平均80%以上の結果を出し続けてきた実績、AI(人工知能)搭載でソフトが学習するという最新のテクノロジー。収入をアップさせたい、もっといい生活をしたいという、上昇志向のある人ならぜひ検討したいFX攻略ツールだろう。「FONS」は有料だが、将来のための初期投資と考えれば安いものだ。事実、3億円を稼ぎ出した実績がそこにあるのだから。「FONS」の資料請求は無料。いまなら300円分のQUOカードがもれなくついてくるキャンペーン中だ。まず問い合わせてみてはどうだろうか。
(文=編集部)

詳細はこちら