NEW

「スマートフォンアプリ開発技術検定試験」の提供開始を決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~アプリ開発技術者の力量を点数化することで、企業のアプリ開発の効率化を支援~

 株式会社D2C(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山 卓志、以下D2C)とジークラウド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡部 薫、以下ジークラウド)は、2014年2月より、スマートフォンアプリ開発技術検定「スマートフォンアプリ開発技術検定試験(略称:スマ検)」を提供することを決定しました。

「スマ検」は、iOS™、Android™ OS向けアプリケーション開発技術に関する検定試験です。現在、多くの企業がアプリ開発に関するビジネスを展開しており、企業にとっては、優秀なアプリ開発技術者へのニーズが非常に高まっています。しかし、技術者の採用において、使用可能プログラミング言語(JAVA、c++、Perl等)程度しか指標となるものがないことが採用の判断を難しくする要因となっています。

「スマ検」は、広範囲のアプリ開発技術に関する設問によって、その技術者の力量を点数として明確にすることにより、企業が技術者を適切に評価し、適切なレベルの業務を担当させることの指標となることを目指します。

 設問は、D2Cがコンシューマ向け事業で蓄積したアプリ開発・運営ノウハウと、ジークラウドが教育事業「RainbowAppsスクール」で蓄積したノウハウを元に、「RainbowAppsスクール」の講師陣が作成を行います。

「事前準備」、「開発環境設定」、「開発者登録」、「アプリ企画」、「UI/UX設計」、「アプリデザイン」、「アプリ開発・コーディング」、「実機インストール」、「実機検証」、「アプリ申請」といった、アプリ開発から事業化に至るまでの広範囲における設問が用意されています。設問は全部で4000問が用意されており、1回の試験で、制限時間100分内に200問出題されます。

「スマ検」は、法人向けと個人向けの2つのコースを設けており、ASPによって提供されるので、いつでも好きなときにパソコンから検定を受けることが可能です。

 また、設問は検定を行うごとに変更され、随時追加も行います。また、法人コースでは、「スマ検」を利用する企業が、設問の設定を行うことができるため、自社の開発者向けに設問をカスタマイズすることも可能です。

 なお、「スマ検」のサイト開設および募集開始時には、改めて詳細を発表させていただく予定です。

 今後も、D2Cとジークラウドは、デジタル分野における教育事業を推進していくことにより、デジタル産業の活性化と拡大に貢献することを目指してまいります。


◆「Google」、「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
◆「iOS 商標」は、米国Ciscoのライセンスに基づき使用されています。

<ジークラウドとは>

 ジークラウド株式会社は、2009年8月に設立され、「RainbowApps(レインボーアップス)」ブランドでiPhoneアプリランキングサイト、 iPhone、Androidアプリ開発スクール、開発支援者サービスを展開しています。RainbowAppsスクールは、これまでに2000名以上の 受講生を開発者へと育成し、今では全国45ヶ所以上でスクール展開する他、大手IT企業の社員研修プログラムや大手専門学校のカリキュラムとしても採用さ れています。国内ハードウェアメーカーが苦戦する中、成長産業であるソフトウェア人材育成に重点を置き、スマートフォンアプリエンジニア、クラウドコン ピューティングエンジニア、ソーシャルアプリエンジニア、そして新しいITスキルを活用する事業主やビジネスパーソン向けの教育カリキュラムを充実させて いきます。

<RainbowAppsとは>

 RainbowAppsは、ジークラウド社が事業展開するメディア事業、教育事業、開発者支援事業の3つの事業ブランドです。RainbowAppsスクールは、iOS、AndroidOSに特化したプログラミングスクールで、開講3年目ですでに、2000名以上が受講、日本最大のiPhone・Androidアプリスクールに成長しました。

「スマートフォンアプリ開発技術検定試験」 概要
●サービス名称: 「スマートフォンアプリ開発技術検定試験」 (通称:「スマ検」)
●ジャンル:iOS、Android OS向けアプリケーション開発関連技術検定サービス
●サービス開始日: 2014年2月(予定)
●利用料金:募集開始時に公開予定
●サービスロゴ

●「スマートフォンアプリ開発技術検定試験」のサイトイメージ