NEW

化粧品は肌を壊す有害物質?クレンジング剤や洗顔フォーム、内臓障害や胎児奇形の危険

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 最近、美容に対する意識は男女を問わず高まっています。ところが、美容に関する多くの情報は誤っていると、11月に『肌のきれいな人がやっていることいないこと』(あさ出版)を上梓したすがわら皮膚科クリニック副院長の菅原由香子氏は警鐘を鳴らしています。

 今回は、著者の菅原氏に

・肌のシミを消す方法
・スキンケアの留意点
・洗顔料や化粧水の選び方

などについて話を聞きました。

●お金をかけなくてもシミは消せる


--肌の悩みでは、どのような相談が多いのでしょうか?

菅原由香子氏(以下、菅原) 男女を問わず、顔のシミに関する相談が多いです。シミがあると老けて見えますから、気になるのだと思います。一口にシミといっても原因はさまざまで、肌の老化によるもの、紫外線に当たりできたもの、ケガやニキビのあとにできたもの、そばかすなどがあります。

 美容皮膚科で受診して、美白効果のある薬を使用したり、レーザーを当てたりすることでシミはきれいになりますが、高額なお金がかかります。実は、お金をかけずにシミを消す方法があるのです。

--それは、どのような方法ですか?

菅原 すべてのシミは、肌を刺激することで濃くなり、刺激を与えなければ薄くなります。肌に刺激が加わると、その刺激から肌を守ろうと色素細胞が働いてメラニン色素がつくられ、それがくすみやシミの原因になるのです。洗顔の際にゴシゴシとこすっている人は多いのではないでしょうか。また、化粧水を塗るときにコットンですったり、手でバチバチ叩いたり、乳液やクリームをすり込んでいないでしょうか。

 私の経験上、99.9%の人が、肌によくない刺激を与えるスキンケアをしています。つまり1000人のうち999人は、スキンケアで自らシミをつくり出しているのです。私は美容皮膚科医ですから、求められればレーザーでシミを除去する治療をしていますが、最も力を入れているのは、正しいスキンケアの方法を教えることです。

--正しいスキンケアでシミが消えない人は、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?

菅原 そのような方は「肌と体に、いらないものを与えている」のです。世の中には、健康を害する食べ物や肌荒れの原因をつくる化粧品など、数多くの好ましくない商品があります。例えば化粧品では、配合する有効成分を超微粒子にして、肌の中に入れ込もうとする技術が進み、肌が本来持つバリア機能を無視した化粧品が多くなっています。合成界面活性剤、防腐剤、着色料、香料、合成ポリマーなど、さまざまな化学物質が配合されています。それらの基準値は厚生労働省が定めていますが、量によっては体に悪影響を及ぼすからこそ基準値を定める必要があるのです。

 2001年4月から、化粧品に使われている原材料すべての成分を表示することが義務付けられましたが、実際に成分を理解して購入している人は少ないと思います。有名メーカーがつくっているから大丈夫と信じ込み、有害な物質をお肌に塗り込んでいる場合が多いのです。自分の健康を守るためにも、使用するものは自分で選んで判断するべきです。

『肌のきれいな人がやっていることいないこと』


洗顔だけで20年悩んだ肌荒れが治った--お化粧よりすっぴんがきれいになる。月1万人を診る人気皮膚科医が自分の肌で試した本物の美肌法

amazon_associate_logo.jpg