NEW

マック、経営崩壊の予兆 呆れた“開き直り”謝罪会見、逃げる社長…いまだ異物混入続出

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月7日、日本マクドナルドホールディングス記者会見の模様(撮影=山本宏樹)
 日本マクドナルドホールディングスが迷走している。対応次第では“第2の雪印食品”や“第2の船場吉兆”になりかねない。

 1月7日、マクドナルドは一連の異物混入問題に関する釈明会見を行った。青森県三沢市の店舗で販売された「チキンマックナゲット」に異物が混入した問題、東京都江東区の店舗で発生したナゲットにビニール片が混入した問題、福島県郡山市の店舗で発生した「サンデーチョコレート」にプラスチック片が混入した問題、そして大阪府河内長野市の店舗でヒトの歯が「ビックマックセット」の「フライポテト」に混入していた問題など4件について報告された。

 会見を開いた理由について、同社広報担当者は次のように説明する。

「1月5日にメディアなどから三沢店で販売したナゲットの件で問い合わせが殺到し、さらに他の店舗での異物混入問題などに関する事実確認なども急増した。そこで異物混入問題で心配や懸念を感じている消費者にお詫びするとともに、事実関係や当社のこうした問題に対する対応や考え方を説明するために会見を開きました」

 東京都内の店舗ではナゲットに混入した異物を店員が紛失するなどの失態を演じ、福島のケースでも商品をつくる機械の一部が欠損し、そのプラスチック片で購入者の5歳の子供が口をけがしているという。

 それでもマクドナルドサイドはまるで他人事。会見に臨んだ青木岳彦上席執行役員は「保健所、お客様に対する対応は適切だった。そうした案件を公表する必要はなかった」と開き直っている。

 マクドナルドは昨年7月、ナゲットを製造していた中国食品加工会社が使用期限切れ鶏肉を使用した問題が発覚。売り上げが激減し信用回復に向け努力しているとみられていた時期だけに、記者会見に多くのマスコミの関心が集まった。しかしふたを開けてみるとサラ・カサノバ社長は不在、担当役員の説明も要領を得ず、あまりにもずさんな対応に周囲を呆れさせ、会見は結局3時間にも及んだ。

●抜本対策は行われていたのか


 カサノバ社長は昨年の期限切れ鶏肉問題発覚時には「日本マクドナルドは、お客様に提供するお食事の品質と安全を最も大切しています。マクドナルドが極めて厳格な基準を定めていることは世界中で知られており、安全で高品質なお食事を提供していくことを使命としています」と語っていた。