NEW

わざと負けることも大事!? 株トレーダーとして成功するために覚えておくべき3つのこと

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『ここが違った!株で稼ぐ人、損する人』著:冨田晃右/集英社

 注目が集まる「株投資」。最近では「芸能人が株で○○万円稼いだ」など、景気の良い話を聞くことも多くなりました。そういった情報を聞くたびに「儲かるならやってみたい」と考える人もいるでしょう。

 しかし、「ラクして儲けようとすると失敗する」と断言するのは、現役プロ個人トレーダーであり、株式スクール冨田塾代表の冨田晃右さんです。

 冨田さんが執筆した『ここが違った!株で稼ぐ人、損する人』(集英社/刊)は、プロの個人トレーダーとして成功するための方法を伝授してくれる一冊。本当に株に向いているのかというところから個人投資で勝つために必要なことが語られています。

 ここでは、株トレーダーとして成功するために覚えておきたいポイントをご紹介しましょう。

■わざと負けることも大事

 まず覚えておきたいことは、「株の世界に全勝という文字はない」ということ。そのため「損をする準備をする」ということが大切になります。

 ただ、これは大変難しいことです。そもそも儲けたくてやっているのに、どうして損をしたときのために精神面を鍛えないといけないのか。冨田さんは「勝つことに慣れてしまうと、負けることが怖くて仕方なくなる」とした上で、その怖さがトレードの際に命取りになることがあると指摘する。負けそうなときはジタバタせずに負ける。それが成功するために必要なことなのだ。

■ロスカットのタイミングを誤らない

 ロスカットとは「損切り」のことで、プロとしてトレードをする人にとって、いちばん大切なポイントです。自分の持っている銘柄の株価が下がり、損失が出ている状態のときに、損することを覚悟して売却します。

 「わざと負けることも大事」で説明したように、全勝がないのが株投資。だからこそ負けそうなときに大損害になるリスクを抑えることが必要です。本書ではロスカットのタイミングを探すチャートの見方が掲載されているので、参考にしてみるといいでしょう。

■だらしない姿勢で取引を行わない

 どんな場面でも冷静さが求められるトレード。その冷静さを生み出すのは、緊張感です。だから、チャートに向かってトレードをするときは姿勢を正して、操作を行います。だらしない姿勢で、惰性で行うのはNG。冨田さんは「気を抜いてだらしなくなったら、負ける」とまで断言しています。

 これから株投資を初めてみようと考えている人、実際にやり始めている人はまず、「株=儲かる」という式を捨てるべきだといえるでしょう。勝てば儲かるのは確かですが、勝ち続けることは至難の業。だからこそ「わざと負ける」ことが大事になりますし、リスクを回避すること、常に冷静にいることが求められるのです。

 『ここが違った! 株で稼ぐ人、損する人』は株で稼ぐためのマインドを徹底的に叩きこんでくれる一冊。株初心者は必読であるはずです。
(新刊JP編集部)

関連記事

株で失敗しがちな人の15の特徴
お金を稼げる人と稼げない人 その思考の違いとは?
株式投資で大損する人の3つの特徴
株で稼げる人は「○○○ゲーム」が好き

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。