NEW
ノンフィクション作家 清泉亮インタビュー(3)

日航機墜落ドキュメンタリー番組のウソ シナリオに沿った撮影、感涙を誘うための編集

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

墜落した日本航空123便の機体の一部
 1985年8月12日、日本航空123便が群馬県上野村に墜落し、乗客・乗員520人が死亡した。単独の航空機事故としては、いまだに世界最悪の死亡者数だ。

 今年は事故発生から30年。現場近くに住むノンフィクションライター・清泉亮氏は7月に『十字架を背負った尾根』(草思社)を上梓、これまで言及されることがほとんどなかった上野村民の姿を描いている。前回は事故現場を私利私欲に利用する村民がいることや、村民と日航の軋轢などについて、清泉氏に話を聞いた。

 今回は清泉氏に

・日航機墜落現場の実情
・報道と現実の違い

などについて話を聞いた。

--事故から今年で30年を迎えましたが、50年、100年と風化させないために、何が必要でしょうか。

清泉亮氏(以下、清泉) 日航と村の齟齬のなか、ある特定の政治的思想を持った人間が「遺族をないがしろにする日航」などと、「遺族のため」を装い、遺族へ近寄ってきます。彼らは政治的、思想的思惑から組織や企業を攻撃することが目的です。高齢化する遺族のもとに「日航はそんなに悪いのですか。大企業は問題ですね」などと吹き込むような、メディアを装った活動家もいるようです。かつて成田闘争、三里塚闘争で活動した元闘士らが、あたかも遺族らの気持ちを汲み取るかのように接近する状況も、将来にわたる村民・日航・遺族ら三者の円滑な関係性の構築に複雑な種を蒔かないかという観点からも考えなければならないでしょう。日航、墜落現場を管理する公益財団法人「慰霊の園」、遺族の三者が本質的なコミュニケーションと、心理的齟齬を常に解消させつつ交流して、ぜひ現地を守っていってほしいと願っています。

--8月12日は多くの人にとって大きな意味を持っています。

清泉 尾根はすでに遺族の方々の思いを越えて、日本人全体の大きな記憶になりつつあるようです。戦後世代にとっては、終戦体験は持ち得ないけれども、8月12日、墜落事故の夜の自身の置かれた記憶は鮮明です。ちょうど、結婚の許しを得るために奥さんの実家にいくところだったとか、予備校から帰って来てホッと一息ついていた、船の出港準備をしていた、など本当に銘々の「あの日あの瞬間」があるのです。

 そうした人たちが今も山に登って来ます。そこで死者を思い、生者である自身の30年間を振り返っておられます。尾根はそういう意味で、ひとつの巨大な事故という意味を乗り越えて、自身が生きてきた道を立ち止まらせ、振り返らせる、人生のしるべになっているのはないでしょうか。

 それぞれの瞬間において、生者は常に縁のある人、ない人を含めた死者という存在を乗り越えて、今をつないでいきます。航空機事故という惨劇の地は、30年を経た今、多くの人たちに開かれた人生の道標としての意味を果たそうとしています。

『十字架を背負った尾根』


まだ誰も目にしたことのない山深き慰霊の地が育む、四季という鎮魂の音色。山を守る人間とともに見つめた「御巣鷹の尾根」30年目の鎮魂の景色

amazon_associate_logo.jpg