NEW
ノンフィクション作家 清泉亮インタビュー(2)

日航と航空機墜落の村、陰で罵声浴びせ合う現実 剥き出しの村民たちの私利私欲

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本航空123便墜落現場(群馬県多野郡上野村)
 1985年8月12日、日本航空123便が群馬県上野村に墜落し、乗客・乗員520人が死亡した。単独の航空機事故としては、いまだに世界最悪の死亡者数だ。

 今年は事故発生から30年。現場近くに住むノンフィクションライター・清泉亮氏は7月に『十字架を背負った尾根』(草思社)を上梓、これまで言及されることがほとんどなかった上野村民の姿を描いている。前回は事故現場である御巣鷹の尾根を守り続ける上野村民たちが、日航の寄付金に依存している実態について、清泉氏に話を聞いた。

 今回は清泉氏に

・上野村にとって日航機事故、御巣鷹の尾根がもたらすもの
・上野村とマスコミの関係

などについて話を聞いた。

--村民の方々にとって、御巣鷹の尾根は慰霊のための場というだけではなく、生活の糧を得るための手段ともなっているといえますか?

清泉亮氏(以下、清泉) 御巣鷹の尾根を目指して来られる人々の規模は、村にとって今や無視できないレベルに達しています。恐らくそれは、これまで村や周辺の集落に存在した、ありとあらゆる観光資源の規模を凌ぐものです。

 村の温泉場にしても、産直の店にしても、御巣鷹の尾根という場が存在しなければ、維持さえ難しいでしょう。もしかすると、村民にとっても「遺族のために」というスローガンは、特に大手新聞社の記者などには心地よく響きますから、メディア向けの免罪符のような役割を果たしているのかもしれません。

--現在でも日航機墜落事故のニュースバリューは極めて高いです。

清泉 村が「御巣鷹の尾根に、こんなニュースがあります」と一声掛ければ、地元メディアは当然ながら、日航機事故・御巣鷹山の担当記者を配置している全国紙の前橋支局記者や、場合によっては国土交通省に詰める番記者、民放キー局の社会部担当記者さえロケバスやハイヤーを飛ばして御巣鷹の尾根までやって来ます。特に美談や悲話となると、報道しないと一種の「特オチ」(編註:他の報道機関が報道しているニュースを自社のみが報道できないこと)になってしまいますから、各社とも決して無視できません。たちまち全国ニュースとして発信されます。しかし、そうした用意された話、舞台が整えられたネタからは決して見えてこないリアルな心象風景が、やはり御巣鷹の尾根には存在するのです。

『十字架を背負った尾根』


まだ誰も目にしたことのない山深き慰霊の地が育む、四季という鎮魂の音色。山を守る人間とともに見つめた「御巣鷹の尾根」30年目の鎮魂の景色

amazon_associate_logo.jpg