NEW
渡辺雄二「食にまつわるエトセトラ」

飲食店やスーパー、薬っぽい「変な味」の食品は危険!強い毒性の添加物、がんのリスクも

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 ビジネスパーソンにとっては、仕事帰りに同僚や友人などと一緒に居酒屋で「一杯やる」のが楽しみのひとつだと思いますが、その際に変な味のする肴(料理)を食べたという経験はないでしょうか?

 単に「まずい」ということではなく、薬っぽいような、酸っぱいような、食べ物本来の味ではない変な味です。特にキスの天ぷらや茹でエビ、焼きガニ、カレイの煮つけなど。それらを食べて変な味がしたら、殺菌料の次亜塩素酸ナトリウムが残留している可能性があります。次亜塩素酸ナトリウムは、プールの消毒薬として使われているものであり、カビ取り剤や塩素系漂白剤の主成分でもあります。

 実は筆者もこうした「まずい」料理を何度も口にしたことがあります。筆者は千葉県北部の小さな町に住んでいますが、家の近くの大手居酒屋チェーン店に入った時のことでした。焼きガニを頼んだのですが、出された瞬間から消毒薬のにおいがプンプン漂っていました。殺菌料の次亜塩素酸ナトリウムに間違いありませんでした。

 試しにそのカニを口に入れてみると、やはり次亜塩素酸ナトリウムの味がしました。塩素っぽい、ちょっと酸っぱい味です。店長を呼び、次亜塩素酸ナトリウムが残っていることを指摘しました。店長はそれを認めて何度も謝っていました。もちろん料金は取られませんでした。

 その店に板前はいたのですが、食材は本部で調達したものが送られてくるので、そんなカニが提供されてしまったのでしょう。こうしたカニは殺菌されているため、なかなか腐らず長期間保存できるメリットがあります。また、菌の繁殖を抑えるため、食中毒を防ぐこともできます。

茶さじ一杯で致死量の猛毒

 次亜塩素酸ナトリウムは食品添加物のひとつですが、最も急性毒性の強い添加物です。マウスを使った実験では、その半数を死亡させる量が体重1kg当たり0.012gというデータがあります。人間の推定致死量は、わずか茶さじ一杯です。また、次亜塩素酸ナトリウムを0.25%以上の濃度で混ぜた飲料水をラットに2週間続けて飲ませた実験では、著しい体重減少が認められました。おそらく胃や腸が荒れて、食欲不振や消化不良に陥ったのでしょう。人間が食べ物と一緒に摂取した場合も、食道や胃や腸などの粘膜が傷つくことは間違いないでしょう。

 このほか、人間の場合、次亜塩素酸ナトリウムを常用する洗濯業者に皮膚炎がみられたとの報告があります。皮膚の細胞を破壊したためと考えられます。