NEW

野菜・果物ジュースのみやプチ断食は超危険!かえって肥満や老化、健康被害のおそれ

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 最近、女優やモデルをはじめとして、大人気のダイエットがあります。3日間ほど野菜や果物でつくったジュースを食事代わりにする方法で、「ジュースクレンズ」などと呼ばれています。ジュースにせず、生の野菜や果物を食べる「酵素ダイエット」と似ています。

 酵素とは、人間が生きていくうえで非常に重要な栄養素です。「3大栄養素」といわれるたんぱく質、炭水化物、脂質のほか、体を整える効果のあるビタミン、ミネラル、腸を整える食物繊維、またファイトケミカル、水に次ぐ9番目の栄養素といわれ、これらを合わせて「9大栄養素」と表現する専門家もいます。

 酵素は、消化や代謝など、人間の体内における生命維持活動に重要なあらゆる化学反応を担います。およそ1万3000種もの酵素が体内に存在するといわれていますが、炭水化物、脂肪、たんぱく質、乳糖を分解する消化酵素が特に重要視されています。

 これらの酵素が不足すると、太りやすくなると考えられています。たとえば、炭水化物分解酵素であるアミラーゼなどが不足すれば、体内で炭水化物に含まれるでんぷんから糖をつくり出す量が減り、代謝が悪くなります。また、血液がドロドロと汚れやすくなるともいわれています。

 つまり、酵素が不足すると健康な生活を保てなくなるのです。

 ところが最近は、野菜や果物をあまり食べない人が増え、酵素が不足している人が多いようです。酵素を補うべき、という意味においては、ジュースクレンズも酵素ダイエットも正しく、また生の野菜や果物を摂取することは大いに推奨したいところです。