NEW

パチスロ『押忍!番長A』出玉と演出どっちが重要? 「破格スペック」「伝統を踏襲」双方の魅力から見えた結論とは......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今年の新台で最も注目を浴びている『押忍!番長A』(大都技研)。スペックや注目演出など徐々に情報が解禁され、ファンの期待は日に日に高まっている。

 2005年の登場以来、本機で5作目となる『押忍!番長』シリーズ。どの機種も成功を収めてきただけに、本機にも注目が集まることは当然だ。

 しかし、本作はシリーズ初のノーマル機。これまでとは異なるスペックということもあり、出玉面を不安視する声は少なくない。設定1でも非常に甘い出玉設計、それ故にホールは高設定を入れないという状況をファンは危惧している。

 その一方、演出面に対する評価は上々の反応だ。シリーズを踏襲した「次回予告」や「特訓演出」など、往年のファンにとっては堪らない演出が目白押しである。

 そんな意見が真っ二つとなっている『番長A』だが、果たして「出玉」「演出」どちらがヒットを左右する要素となるのか。

 そこで今回は、双方の意見を踏まえ、どちらがより重要のか結論を導き出したいと思う。

出玉を重視する意見

 やはり、パチスロはメダルが出てこそ面白いと感じられます。今回の『番長A』は設定6のボーナス確率は約1/120。設定1でも破格の約1/149という軽さです。

 また、最大304枚、最大260枚の獲得可能なビックボーナス、最大106枚の獲得できるRBを搭載。BB終了後には、必ずRTに突入する激甘スペックとなっています。100G以内のボーナス連チャン率は設定1でも「50%」を超え、低設定でも楽しめますね。

パチスロ『押忍!番長A』出玉と演出どっちが重要? 「破格スペック」「伝統を踏襲」双方の魅力から見えた結論とは......のページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、5.9号機パチスロ押忍!番長Aの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!