NEW

パチンコホール「異例のスピード休業」に飛び交うさまざまな憶測......営業期間わずか「4カ月」大手ホールの"大失態"もたらす影響とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコホール「異例のスピード休業」に飛び交うさまざまな憶測......営業期間わずか「4カ月」大手ホールの大失態もたらす影響とはの画像1

 度重なる規制により、パチンコホールの倒産が目立つ昨今。2017年のホール倒産数は前年度の約2倍にあたる「29件」に及び、さらなる店舗縮小が危惧されている。だが、その一方で、地方を中心に拡大し続けるパチンコホールもあるようだ。

「遊技通信」(遊技通信社)3月号で特集されている「話題のホール」によれば、大手パチンコチェ―ン店「D'ステーション」は昨年末、福岡・長崎エリアに12店舗を同時オープン。また、兵庫や千葉にも新規出店を行い、店舗拡大に意欲を燃やしているとのこと。

 その中でも、本誌が最も大きく取り上げているのが「D'ステーション前橋エキータ店」である。

 台間や島間は十分なスペースが確保され、開放的な空間を演出。販促関連では、ガラス面の映像を透視しながら情報発進が行える、デジタルサイネージを店内に設置しているとのことだ。パチンコを楽しめるだけではなく、充実した店内設備に周辺地域では話題の最新ホールだったが......。

 今月12日、突如同店は休業を発表。休業理由には、「抜本的な設備変更」「リニューアル企画を一から立て直す」と明記されているが、今月中までに「貯玉・貯メダル」の引き落とし手続きを行うようユーザーに呼び掛け中だ。これは「閉店」と捉えられても仕方がない。

 昨年末のオープンから半年も経たずに実質的な"閉店"を迎えた「D'ステーション前橋エキータ店」。そんな異例のスピードにさまざまな憶測が飛び交っている状況だ。

パチンコホール「異例のスピード休業」に飛び交うさまざまな憶測......営業期間わずか「4カ月」大手ホールの"大失態"もたらす影響とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、D'ステーションパチスロパチンコの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!