NEW

日産、ゴーン派役員への粛清で次々退任…ルノー、日産の“独立”阻止に必死の牽制

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日産自動車のカルロス・ゴーン元会長(ロイター/アフロ)

 日産自動車カルロス・ゴーン元会長が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)に続いて会社法違反(特別背任)で起訴された事件によって、同社内が揺れている。ゴーン氏の側近だった役員が相次いで職を外されており、ゴーン派に対する粛清が本格化する様相を見せている。さらに、一部メディアで日産・ルノー・三菱自動車連合の統括会社、ルノー・日産BV(オランダ)からルノーの副社長に対して不透明な報酬が支払われていたこと報じられ、日産・ルノー間でお互いに不信感が増幅している。

 ゴーン氏の会長解任を決める取締役会が開かれた昨年11月22日、「ある役員が横浜市のグローバル本社1階のショールームで、深刻な表情でずっと携帯電話で話し込んでいた」(全国紙記者)という。社内の目をはばかるように、あえて一般の人しかいない場所でコソコソと電話していた人物こそ、日産CPO(チーフ・パフォーマンス・オフィサー)のホセ・ムニョス執行役員だ。ムニュス氏はその後、辞職したことが明らかになった。

 ムニョス氏はトヨタ自動車から日産に移り、北米責任者の時、ゴーン氏に気に入られた。その後、CPOに昇格するとともに日産にとって最重要市場である中国などを担当するなど、上級幹部のひとりとしてゴーン帝国を支えてきた。日産ではゴーン氏、西川廣人社長兼CEO(最高経営責任者)に次ぐ事実上のナンバー3だ。

 ムニュス氏は1月初旬に米国ラスベガスで開催されたITの見本市「CES 2019」に出席する予定だったが取りやめた。日産ではムニュス氏が中国などの担当から外れ「特命を担当する」と説明、特命の内容は明らかにしていなかった。実質的には自宅待機だった模様で、その後に辞職した。また、日産でアライアンスを担当するアルン・バジャージュ専務執行役員も担当を外れ「実質的に自宅待機を命じられている」(経済ジャーナリスト)という。バジャージュ氏もゴーン氏の側近のひとりとされている。

 報酬を誤魔化していただけでなく、個人的な損失を日産に付け替えようとしていたことなどからゴーン氏の社内での求心力は地に落ち、さらにアライアンスの先行きも微妙となるなか、社員は日産社内でゴーン派に対する粛清が本格化すると懸念している。

日産、ゴーン派役員への粛清で次々退任…ルノー、日産の“独立”阻止に必死の牽制のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、カルロス・ゴーンルノー日産自動車の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事