NEW

【安楽死】批判続出の古市憲寿氏・落合陽一氏対談への違和感の正体

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生命倫理学者で東京大学人文社会系研究科死生学・応用倫理センター教授の小松美彦氏

「高齢者に『十年早く死んでくれ』と言うわけじゃなくて、『最後の一ヶ月間の延命治療はやめませんか?』と提案すればいい」「死にたいと思っている高齢者も多いかもしれない」「延命治療をして欲しい人は自分でお金を払えばいいし、子供世代が延命を望むなら子供世代が払えばいい」「社会保障費を削れば国家の寿命は延びる」――昨年12月7日に発売された『文學界』(文藝春秋)1月号掲載の対談「『平成』が終わり、『魔法元年』が始まる」。メディアアーティストの落合陽一氏と社会学者の古市憲寿氏が、平成の次に来る時代について語り合った。

 この対談には、発売直後からインターネット上で批判が相次いだ。冒頭に引いた両氏の発言の通り、終末期医療や安楽死についての放言が目についたからだ。

「『平成育ち』のトップランナー2人」の死生観、医療観のどこに問題があるのか。2月28日付記事『【終末期医療】物議醸す古市憲寿氏・落合陽一氏対談への反論…重大な4つの事実誤認』に続き、生命倫理学者で東京大学人文社会系研究科死生学・応用倫理センター教授の小松美彦氏に聞いた。以下、小松氏が語る。

理解を深めるための3つのポイント


 古市氏や落合氏のような発言に違和感を持つ人たちは、どうすべきなのか。3つほど提起します。

 まず、最近は「老人の長生きはよくない」という雰囲気が助長されています。高齢者のなかには「自分がいる」こと自体を申し訳なく思っている人が増えている。身内に対してもそうだし、「世間様」に対してもそう思っている人が増えているのではないでしょうか。しかし、前回申したように、終末期医療にかかるお金は全医療費のなかの2~3%にすぎない。逆の言い方をすれば、そこだけをカットしても国家の医療費全体の問題は是正されません。高齢者のみなさんには、このことをまず知っていただきたい。

 前回、古市氏と落合氏の対談には「感性」「生身性」「文学性」が欠けていると言いました。その点について、もう少し補足します。つまり、お二人の対談では経済を軸に医療を考えた結果、変なことになっている。通貨価値や日本経済のデフォルトの可能性に話題が及び、そこから社会保障へとつながる。次に安楽死問題が出てくるという構成です。

 確かに経済については考えなければなりませんが、金目の話を軸にすると、だいたいろくな結論には行かない。この点を最低限覚悟したところから、経済とほかの問題を考えなければならない。

 難しい問題ですが、そもそも医療が経済のなかに入り込んでいること自体を根本的に省みなければならないでしょう。端的にいえば、自衛隊や警察、消防署の赤字は絶対に問われません。ところが、医療にお金が非常に多くかかっていることは問題になる。そもそもおかしなところから議論が始まっている点を自覚して、そのなかでどうするかを考えなければなりません。

 今の日本国家のあり方からすると、経済と医療は切り離せるわけがありません。ただし、日本経済全体を守るために、元来は一番の基本であるはずの医療費を切り詰める。医療費の切り詰めとは、命の切り詰めにほかなりません。これだけは絶対にやってはいけない。

【安楽死】批判続出の古市憲寿氏・落合陽一氏対談への違和感の正体のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、医療古市憲寿安楽死落合陽一高齢者の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合