NEW

セコム、社長解任クーデターの裏に創業者・飯田氏の課税逃れ疑惑か…娘婿が社長就任

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セコム本社ビル(「Wikipedia」より)

 創業家への“大政奉還”だ。警備最大手のセコムは、6月26日開催の定時株主総会と取締役会で、尾関一郎常務取締役が社長に就く。中山泰男社長は代表権を持つ会長になる。

 尾関氏は創業者・飯田亮取締役最高顧問の娘婿だ。飯田氏はすでに86歳で、「自分の目の黒いうちに、娘婿を社長に就けることに執念を燃やしていた」(セコムグループ関係者)という。飯田氏の悲願達成である。

 尾関氏は学習院大学経済学部経済学科を卒業し、1984年4月に住友銀行(現・三井住友銀行)へ入行。92年4月東京製鐵に転職。2001年1月、セコム損害保険に顧問として入社。同年6月に同社取締役、10年4月に49歳の若さで社長に就任した。

 さらに15年4月、セコム本体の執行役員に就いた。16年6月、序列18位の執行役員から、序列5位の取締役に抜擢された。取締役に昇格するのに伴い、セコム損害保険では社長から会長になった。

 17年6月から常務取締役を務め、ついに今年6月に社長の椅子に座る。

 尾関氏の住まいは東京・世田谷区の高級住宅街。同じ敷地内に飯田氏の豪邸がある。飯田氏が執念を燃やしてきた“創業家社長”実現に向けての布石といわれているのが、3年前のセコム会長・社長の異常な解任劇だ。

会長・社長解任のクーデター

 セコムは2016年5月11日の取締役会で、「前田修司会長(当時)のもとで風通しが悪くなった」という理由で、前田氏の解職動議が出された。11人中6人が挙手で賛成し、動議は可決した。前田氏に付き従う意向を示した伊藤博社長(同)も解職。後任の社長には日本銀行出身で、07年にセコムへ入社した中山泰男常務が昇格した。

 前田氏の退任は16年3月に設置した任意組織の指名・報酬委員会(社内3人、社外の計5人の取締役で構成)で検討したが、結論は出なかった。委員の名前や議論の詳細は公表していない。そこで5月11日の取締役会で前田氏の解職動機が出され可決した。前田、伊藤両氏は同日付で取締役を退任した。

セコム、社長解任クーデターの裏に創業者・飯田氏の課税逃れ疑惑か…娘婿が社長就任のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事