NEW
企業・業界

新NHK経営委員長は放送への介入を主導した人物だった…安倍首相人脈に牛耳られるNHK

文=有森隆/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK放送センター(「Wikipedia」より)

 前回、「NHK経営委員長は槍田松瑩氏でいいのか」と書いた。槍田氏のNHK経営委員長就任に反対する、という論調だったが、そうなると人がいない。「委員長職務代行者の森下俊三・阪神高速道路会長が委員長に昇格することはない」(永田町筋)とみられていたが、経営委員会は12月24日に定例会合を開き、互選で森下氏を委員長に選んだ。

 森下氏は、かんぽ生命保険の不正販売問題のNHK報道をめぐり、日本郵政グループが昨年10月、NHKの上田良一会長(当時)の対応について不満を伝えた際、12月10日付で退任した石原進委員長(同)とともに、上田会長への厳重注意を中心になって進めたとされる人だ。

「石原氏も森下氏も同じ穴のムジナ」(NHK関係者)ということになる。

 石原氏の前任の委員長だった浜田健一郎・元ANA総合研究所社長(第22代委員長)や小丸成洋・元福山通運社長(第20代同)なども、どちらかといえば知名度がそう高くはなかったため、森下氏でもいいのかもしれない。

「24日の会合では複数の候補の名前が挙がったが、森下氏以外は辞退し、最終的に全会一致で決まった」(前出のNHK関係者)

 森下氏は24日の会見で、厳重注意に関して、「(上田会長に)ガバナンス上、見逃せない問題があった。NHKの自主自律を損ねた意識はまったくない」と反論した。

「厳重注意は、経営委員会による番組の介入にあたる。番組への介入は禁じられているはずだ」(別のNHKの関係者)

 森下氏に反省している様子はない。NHK会長に決まった前田晃伸・みずほフィナンシャルグループ(FG)元会長は安倍晋三首相に近い「官邸の人脈」(永田町筋)といわれている。前田氏同様、森下氏も首相官邸から見れば「コントロールしやすい人物」と見られているのかもしれない。森下氏は「見識が高く、経営委での発言も含めて最適」として、委員長代行に村田晃嗣・同志社大学教授を指名し、同意を得た。

前田NHK会長の不思議

 NHK経営委員会が12月9日に現職の上田会長の再任を認めず、前田氏を全会一致で会長に選出した。“親安倍”の12月11日付読売新聞(朝刊)は<上田良一会長の退任や次期会長の人選を巡っては、安倍首相と菅官房長官が影響力を行使したとみられる>とはっきり書いた。

「官邸には上田会長が政権批判の番組に十分対応できない(放送にストップをかけられない)との不満があった。前田会長の誕生で番組内容への影響力を強めようとするのは間違いないだろう」(同)

 前田氏は会見で、安倍首相を囲む財界人でつくる「四季の会」とのかかわりを問われ、メンバーだったことを認めた。その一方で、「権力を持った政権が報道機関からチェックされるのは当たり前。きちっとした距離を保つ。どこかの政権とべったりということはまったくないし、その気もない」と言い切った。

関連記事