NEW
企業・業界

サブウェイ、店舗数半減で経営危機…マックと真逆、“何にも適さない”という致命的弱点

文=佐藤昌司/店舗経営コンサルタント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了】サブウェイ、店舗数半減で経営危機…マックと真逆、何にも適さないという致命的弱点の画像1
サブウェイの店舗(撮影=編集部)

 サンドイッチチェーン「サブウェイ」の店舗数の減少が止まらない。2019年12月下旬時点の国内店舗数は、公式サイトによると221店。14年6月には480店を展開していたので、5 年半で半数以下に減ったかたちだ。

 サブウェイは世界で4万1000店以上を展開する世界最大の飲食チェーンだ。店舗数はマクドナルドよりも多い。日本では1992年に1号店が誕生し、運営は日本サブウェイが担っている。

 同社の近年の業績は、厳しい状況が続いている。決算広告によると、17年12月期まで3期連続で最終赤字を計上している。

 このようにサブウェイが日本で苦戦を強いられているのはなぜか。理由はいくつか考えられるが、日本では欧米ほどサンドイッチが親しまれていないこと、サンドイッチがあり ふれた食べ物であること、サンドイッチはコンビニエンスストアでの販売には適しているが、外食店での販売には適していないことの3つが大きいだろう。

 言うまでもないが、サンドイッチは欧米で発達した食べ物だ。そのためだろうが、サブウェイの店舗はアメリカを中心とした欧米に多い。つまり、欧米はサンドイッチを好む人が多いため、サンドイッチを提供するサブウェイが広く受け入れられたというわけだ。

 もちろん、日本でもサンドイッチは人気の食べ物だ。ただ、日本人はおにぎりなど米飯物の食べ物を好む傾向があり、日本では欧米ほどサンドイッチが親しまれていない。そのため、サブウェイが欧米ほど流行らないのは当然といえる。

日本で大成功を収めたマクドナルド

 一方で、ハンバーガーを提供するマクドナルドは日本で現在約2900店をも展開するほどに成功している。それはなぜか。

 マクドナルドの1号店が東京・銀座にオープンしたのは1971年。その頃の日本では、ハンバーガーを提供する店は少なかった。また、日本人がアメリカ文化に対して強い憧れを抱いていた時期でもあった。そうしたなか、マクドナルドは本場アメリカと同じハンバーガーを手軽に食べられるとして人気を博すようになった。銀座の歩行者天国をマクドナルドのハンバーガーを食べながら歩くことがおしゃれともされた。

 こうしてマクドナルドは日本で人気を博したわけだが、なぜ同じことがサブウェイでは起こらなかったのか。違った見方でいえば、マクドナルドを日本に持ち込んだ藤田田氏は、なぜサブウェイを持ち込まなかったのか。それは、巡り合わせの問題もあるだろうが、サンドイッチが日本人にとって欧米人ほど価値が高くなく、ありふれた食べ物だったためだろう。

関連記事