NEW
湯之上隆「電機・半導体業界こぼれ話」

新型コロナ陽性者の発覚封印のため検査阻止か…日本列島がダイヤモンド・プリンセス号化

文=湯之上隆/微細加工研究所所長

衝撃を受けたTBSの『NEWS23』

 2月25日(月)の23時から放送されたTBSの『NEWS23』を見て衝撃を受けた。それは、新型コロナウイルスの検査件数で、日本と韓国で2桁の差があったからだ(図1)。

新型コロナ陽性者の発覚封印のため検査阻止か…日本列島がダイヤモンド・プリンセス号化の画像1

 筆者は医学関係者ではない。そのため、新型コロナウイルスのPCR検査が遺伝子検査であることも知らなかったし、それがどの程度大変であるか、手間暇がかかるかもわからなかった。

 日本では、「風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合には、最寄りの保健所などに設置される『帰国者・接触者相談センター』にお問い合わせください」(厚生労働省、令和2年2月23日時点版のQ&A)とあるように、ある一定条件を満たさなければPCR検査を受けられない。

 したがって、「きっとPCR検査は大変な検査なんだろう」と勝手に思っていたのだが、前掲の『NEWS23』に解説者として出演していた医療ガバナンス研究所の上昌広・理事長は、「PCR検査は古くからある検査で、非常に簡単な検査である」という趣旨を説明していたのである。

 加藤勝信・厚生労働大臣は2月18日に、「国立感染症研究所で400件、全国の検疫所で580件、地方衛生研究所で1800件、さらに18日からは民間の検査所5カ所で900件、大学で150件の、あわせて最大で1日あたり3830件の検査が可能になった」と発表していた(2月19日付ロイター)。

 ところが、日本は図1に示したように、1日当りのPCR検査数は100件にも及ばない。2月25日に7548件のPCR検査を行った韓国とは100倍もの差があるのだ。このことからは、「日本政府はPCR検査をしたくない」ということが見えてくるように感じる。実際に2月22日放送の『NEWS23』では、「新型コロナウイルスの集団感染が起きているクルーズ船内で業務していた厚生労働省などの職員の多くが、ウイルスの検査を受けずに職場に復帰していたことがわかりました。厚労省内で検査が一度は検討されたものの、陽性者が多く出た場合の業務への影響などを考慮し、見送られたということです」という内容が放送された。

 このニュースを聞いた時は、呆れてものが言えなくなった。しかし、「日本政府はPCR検査をしたくない」という意図があると考えれば、辻褄が合う。

 では、なぜ日本政府は、1日当り3830件できるはずのPCR検査をフル稼働して行わないのか? それは、前掲の『NEWS23』にあるように、PCR検査を行うと多数の陽性反応者が見つかってしまうからではないか。そして、日本政府は、そのことを隠蔽したいのではないかと疑わざるを得ない。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ