旅館“コロナ倒産”続出…東京五輪当て込んだホテルが開業ラッシュ、一時閉鎖も取り沙汰の画像1
「田村屋旅館 HP」より

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け国内で最初に「緊急事態宣言」が出た北海道のホテルグループ7社の若手経営者が3月27日、北海道庁で記者会見し、宿泊施設の安全対策をPRした。こまめな消毒や料理の衛生管理強化をアピールし、利用を呼びかけた。

 訪日客が姿を消したのに続いて、相次ぐ外出自粛要請で国内客も激減。観光地のホテル・旅館ではキャンセルが続出した。愛知県蒲郡市の西浦温泉の観光旅館・冨士見荘は、旅館の“コロナ倒産”第1号となった。2月21日、自己破産を申請した。中国からの団体ツアー客のキャンセルが発生、先行きの見通しが立たなくなった。負債額は7億円。

 福島県猪苗代町の沼尻温泉にある田村屋旅館は3月6日、民事再生法の適用を申請した。業歴100年を超える老舗だが、暖冬によるスキー客の減少と新型コロナウイルスの影響で力尽きた。負債は4億2000万円である。長野県木曽町の御嶽山のふもとにあるホテル木曽温泉を運営する「おやど」は3月19日、事業を停止し自己破産を申請するという。負債は3000万円。

上場ホテル企業が軒並み業績を下方修正

 大手ホテルでは下方修正の発表ラッシュだ。

 東京商工リサーチが3月18日時点でまとめたリポート「『新型コロナ』ショック、活況の国内ホテル業界を直撃」によると、業績を下方修正した上場企業は6社。売上高291億円、利益133億円。

 プリンスホテルを展開する西武ホールディングス(東証1部)、箱根小涌園や椿山荘の藤田観光(同)、リゾートホテル・エクシブを運営するリゾートトラスト(同)、京都ホテル(東証2部)、ロイヤルホテル(同)、ワシントンホテル(同)の6社が業績を下方修正した。会員制リゾートホテル最大手のリゾートトラストは20年3月期の売上高を従来予想の1714億円から1600億円へ114億円引き下げた。

 昨年の台風15号、16号に加えて、コロナウイルスの感染拡大に伴い、訪日客が減った。さらに国内利用者が当初予想を下回った。業績悪化を受け、23円を計画していた期末配当を前期末より6円少ない17円に引き下げた。年間で46円が40円となる。

 京都ホテルは、国内外からの宿泊客の減少や宴会のキャンセルなどで、20年3月期の単独最終損益は1億9200万円の赤字(前期は1億7400万円の黒字)に転落する。従来予想を3億300万円下回り、4期ぶりの赤字となる。ロイヤルホテルの20年3月期の連結営業利益は3億円の赤字(前期は20億円の黒字)。6億円の黒字予想から8期ぶりに営業赤字となる。2月中旬にも業績予想を引き下げたが、中国などからの外国人観光客の減少が想定より大きかった。主力のリーガロイヤルホテル(大阪市)の3月前半の売上高は前年同期比50%減という。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ