コロワイド会長、買収先への恫喝暴言に大戸屋社員が戦々恐々…「アホ共よ」「生殺与奪」の画像1
大戸屋の店舗(「Wikipedia」より/Asanagi)

 大戸屋ホールディングス(HD)の従業員やフランチャイズ加盟店のオーナーたちの有志が6月5日、大戸屋HDの経営陣に対して「株式会社コロワイドによる株主提案に対する反対意見」を提出したことが明らかになった。コロワイドは昨年、大戸屋HDの株式19%を創業者遺族から取得。経営権を取得するために6月の定時株主総会に向け取締役を刷新する株主提案を提出し、大戸屋HDへの実質的な敵対的買収を進めている。

 コロワイドは(1)仕入条件の統一化、(2)セントラルキッチンの活用、(3)物流網の共通化などにより6億円以上の利益貢献が期待できるとしている。これに対して大戸屋HDの社員276名が反対意見を表明し、フランチャイズオーナーの8割も「コロワイドの株主提案が承認可決された場合には、店内調理により『美味しい』『健康』『安全/安心』な料理を提供するという、お客様に支持されてきた当社の企業価値・ブランド価値が毀損されることを懸念し、当社のフランチャイズ加盟店として、本株主提案に反対である」(大戸屋HDニュースリリースより)との意向を示しているという。

 大戸屋HDは、従業員やフランチャイズ加盟店オーナーたちの反対意見について次にようにコメントしている。

「大戸屋の従業員もフランチャイズ加盟店の方々も、言うまでもなく、『大戸屋』の事業運営に欠かせない大切なパートナーです。コロワイドの株主提案が承認可決された場合には、コスト削減に偏った施策が推し進められ、素材・調理へのこだわりが弱まった画一的な料理を提供することになる可能性が高く、店作りやお客様へのサービスへのこだわりも、コスト削減のために蔑ろにされてしまうおそれがあります。

 さらに、これまでフランチャイズ加盟店にご賛同をいただいてきました当社の企業価値・ブランド価値が失われてしまえば、フランチャイズ加盟店の離脱が起こり、当社の企業価値が大きく損なわれます。フランチャイズ加盟店の多くは、当社の最大の差別化要因である美味しさを前提とする経営方針に賛同いただいております。その前提の上に効率化を両立させ、当社独自の『世界一美味しいごはん屋さん』を目指すために経営改革を進めている現経営陣のもと、チーム一丸となって、困難に立ち向かい一層の発展を成し遂げていくことを共感していただいております」(大戸屋HD広報)

コロワイドの社内報

 大戸屋HDは従業員の意見を聞くため、2020 年 5 月 25 日より同月 31日までの間、コロワイドの本株主提案に関する匿名のアンケート(以下「本アンケート」)を実施した。

関連記事