RIZAP、新型コロナ直撃で巨額赤字…主力のジム事業も衰退危機、傘下企業も軒並み苦境の画像1
ライザップ(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 新型コロナウイルスによる影響が直撃し、経営再建中のRIZAPグループが深刻な状況に陥っている。同社が6月10日に発表した2020年3月期連結決算(国際会計基準)は、最終損益が60億円の赤字(前期は194億円の赤字)となった。前期に計上した事業構造改善費用がなかったため赤字幅は改善したが、新型コロナの感染拡大の影響で収益力が落ちた店舗の減損損失を計上するなどで巨額の赤字計上を余儀なくされている。

 売上収益は3.8%減の2029億円だった。19年4~12月期までの収益は計画に対して堅調に推移していたが、新型コロナの影響で主力のフィットネスジム事業の入会者が激減。同事業を中核とするRIZAP関連事業の売上高が落ち込んだ。また、傘下企業の業績が悪化したことも響き、通期の収益は計画を大きく下回った。営業損益は7億5200万円の赤字(前期は83億円の赤字)だった。

 RIZAP関連事業の売上高は401億円で、前期(413億円)から減少した。それまでは右肩上がりで伸びていたが、ここにきて急ブレーキがかかった。ジムの入会者数は、1月は前年同月比8%増と伸びていたが、2月に千葉県のフィットネスクラブで新型コロナのクラスターが発生したこともあり、同月の入会者数は12%減と落ち込んだ。その後は店舗の休業なども加わり、さらに落ち込んでいる。3月が57%減、4月が89%減、5月(速報値)が94%減だった。これに伴い会員数は伸び悩んだ。ここ数期は年に2万人以上増えていたが、20年3月期の1年間は、2月と3月の入会者数の落ち込みが響き、2万人を下回った。

 ジムは今後も厳しいだろう。新型コロナの感染拡大に伴う自治体からの休業要請を受けて、全ジムの休業を余儀なくされた。6月1日からは、休業要請の解除を受けて全店舗の営業再開に漕ぎ着けたが、感染リスクが高いとされる「3密」のイメージが強いジムの客離れが今後も懸念される。

 ただ、ジムにおいて、感染拡大防止のための「新しい生活様式」に対応したサービスの提供を始めており、業績が回復する可能性がないわけではない。自宅にいながらオンラインでトレーニングの指導が受けられるサービスを5月に始めたのだ。これにより3密を回避して利用者に安心してサービスを受けてもらう考えだ。また、企業研修などに提供する法人向け健康セミナーのオンライン化も始めている。在宅勤務など自宅で過ごす人向けの運動を動画で配信している。こうした非対面型のサービスが広がれば、業績はある程度回復するだろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合