NEW
現役マネージャーが語る、芸能ニュース“裏のウラ”第25回

渡部テイクアウト不倫、ほかにも激ヤバ写真が?スポニチによる“文春スクープ潰し”舞台裏

芸能吉之助(現役芸能プロマネージャー)
【この記事のキーワード】

, , , ,

geinou

 どうも、“X”という小さな芸能プロダクションでタレントのマネージャーをしている芸能吉之助と申します。

前回の記事】で“文春砲”についてのお話をしましたが、そのスクープ記事が世に出るまでの裏側では、いったいどんなことが起きているのでしょうか?  編集部と芸能プロダクションの間、そして芸能プロダクション同士のかけひきやせめぎ合いが行われているのは、みなさんもなんとなく想像がつくことかと思います。

 芸能マネージャー目線で見た芸能ニュースのウラ側を好き勝手に解説する本連載、今回は、実際に起こったスクープの裏でどんなやり取りが行われていたのかをお話ししていきたいと思います。あまり詳細にお話ししすぎると、僕の正体がバレてしまい仕事に支障が出てしまいますので、一部ボカしている部分もありますが、どうかご容赦ください……!

文春が怒ったスポニチ“スクープ潰し”のなぞ

 まず、この間「週刊文春」(文藝春秋)でスクープされたアンジャッシュ渡部建さんの不倫スキャンダル。このスクープは6月11日木曜発売の「週刊文春」で「佐々木希、逆上 渡部建『テイクアウト不倫』」というタイトルで報道されたものですが、通常、文春のスクープといえば、本誌が発売される木曜日の前日、早刷りが届くタイミングの水曜に ウェブの「文春オンライン」で速報されることが多いんですね。それで、“明日発売の「週刊文春」ではこのニュースを4ページに渡って詳報”など、雑誌本体の購買を促す形になっているケースがよく見られます。

 ところが今回の場合は、6月9日火曜の夕方には「アンジャッシュ・渡部建 TV各局に番組出演の全面自粛申し入れ」とスポニチアネックスで報じられ、「渡部さんが何かヤラかしたらしい」「全面自粛だなんて、かなりヤバいことをしでかしたのでは?」と騒動になりました。

 これは、文春がスクープ報道する予定だった渡部さんのスキャンダル記事を受けての渡部さんサイドの対応である「出演自粛申し入れ」の部分だけを、スポニチがひと足早く記事にしてしまったという、ある意味“スクープ潰し”なんですよね。このことについて、文春サイドはかなり怒っていたという報道もあります。

渡部テイクアウト不倫、ほかにも激ヤバ写真が?スポニチによる“文春スクープ潰し”舞台裏の画像1
現在47歳の渡部建

人力舎の社長が語った「渡部を自粛にする」と“腹を決めた”瞬間

 文春がターゲットのタレントに“直撃取材”をかけるのって、通常だとだいたいスケジュール的に週末から月曜あたりのことが多いんですよ。今回の渡部さんの場合も、6月6日土曜の『王様のブランチ』(TBS系)放送終了後に文春の記者からの直撃を受けたそうです。渡部さんはすぐに所属プロダクションの人力舎に相談、帰宅後に妻である佐々木希さんにも事情を打ち明けたようです。その日の深夜に、不倫相手の女性に渡部さんから電話がかかってきて、電話口に代わった佐々木さんから「彼と最後に会ったのはいつ?」と詰問されたというのは「週刊文春」で報じられていた通り。

 人力舎の玉川大社長は、直撃を受けたという報告を受けた時点では、そこまで大ごととは思っていなかったみたいですね。「渡部が直撃取材を受けたとマネージャーから聞いて、(不倫スキャンダルを起こした)ほかの方々がやってきていることと同じようにするしかないと思っていました。芸人だからいじられて、なんなら(相方の)児嶋一哉が『俺じゃねえよ!』と言うとか、いろんな形を想像していた。その後、事務所に紙(質問状)が届き、『多目的トイレ!? えっ、これ気持ち悪ぃじゃん。種類が違うじゃん』って考えを改めたんです。それで自粛という形に腹が固まった」(「週刊文春」2020年7月2日号)と語っています。

主婦層向けの番組に出演していながらの不倫は、完全にアウト

 もともと本来であれば不倫なんて当事者だけの問題であって、謝罪するのは家族や失礼な扱いをした女性たち、そして迷惑をかけた仕事仲間に対してだけでいいはず。でもやっぱりイメージが何より一番大事な芸能界では、今回の渡部さんの不倫って、謝罪して済むような話じゃないんですよね。今回は特に、「不倫相手が複数」「多目的トイレで密会」「行為後に1万円」など、嫌悪感を呼び起こすワードがずらり。さらに渡部さんが今やっている仕事って、『王様のブランチ』『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)など、女性、特に主婦層に人気がある仕事が多いですからね……。この業界では、主婦層をターゲットにした番組をやっている人が当事者として不倫に関わるなんて、絶対にNG。長年芸能マネージャーをしている僕の感覚からしても、何をどうしようと、もう絶対ダメ!

 ということもあって、渡部さんの所属プロダクションのスタッフも、今後どう対応するかを、とにかくすぐに決めないといけなかったはず。で、9日火曜には、レギュラー番組を持つ各局に出演自粛の申し入れをしたそうです。ところがその時点で、テレビ局のスタッフから「渡部出演自粛」の情報がもれてしまった。今回のような、スキャンダルそのものが発覚する前に、先に自粛が発表されてしまう……という、イレギュラーな順序での騒動になってしまったのはそういうわけなんです。

ほかに“激ヤバ”写真があったればこそ、渡部は渋々文春のインタビューに応じた?

 渡部さんは、その後、あろうことか6月25日発売の「週刊文春」にて独占インタビューに応じ、今回の騒動について、妻や相方・児嶋一哉さんへの思いなどを語っています。なぜあえて、自分のスキャンダルを暴露された雑誌でインタビューを……って思うんですけど、これね、絶対、もっともっとヤバい写真や情報を文春に握られてるんだと思いますよ! 文春は、最初の記事でも、不倫現場となった六本木ヒルズの多目的トイレにも実際に行っているし、管理会社にまで取材を行っている。そこまでして、ほかに写真がないわけがない。なんたって、天下の「週刊文春」さんですからね……。なんらかの取引があっての、あのインタビューだったんだと思いますよ。

 すでにイメージが地に落ちてしまい、渡部さんの芸能界復帰は絶望的というのが大方の見解でしょう。ただ、まさかのウルトラCが起こり得るのが、この芸能界の面白いところなんですよね〜。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ