トヨタレンタカー・片道GO!で京都→東京を走破してみた…新車同然カローラで驚異の燃費の画像1
利用区間と期間、車種が限定されているが、格安で借りることのできるトヨタレンタカーの「片道GO!」。ただし、早い者勝ち。(写真はすべて筆者撮影)

 日本で最も販売台数の多い自動車メーカーはトヨタ自動車だ。そして、日本で最も車両保有台数の多いレンタカー会社も、やはりトヨタレンタカーだ。店舗数は全国で1000カ所を超え、車両ラインアップは基本的にトヨタ車ということで、ハイブリッド車などの割合が高いのが特徴だ。

 最大手のレンタカー会社だけに、料金やサービスは全国均一となっている。そのためコストパフォーマンスという点では印象が薄かったのだが、最近ではさまざまな割引サービスが用意されている。出発の30日前までに予約すれば、基本料金が30%オフとなる「早割」や、直前まで予約可能で、基本料金が10~40%オフとなる「直前割」など、上手に利用すればリーズナブルに利用できるようになりつつある。

 なかでも抜群のコスパを誇るのが「片道GO!」だ。出発店舗と到着店舗・利用期間が限定されるが、出発日より24時間の利用では2200円、48時間の利用では4400円という、驚異的な価格となっている。当初は「東京-大阪・京都」間で始まったが、現在は「札幌・千歳-函館」間、「宮城-岩手・山形」間、「東京-愛知・静岡」間、「福岡-宮崎・鹿児島」間、「大分-長崎」間と、全国に広がりつつある。

トヨタレンタカー・片道GO!で京都→東京を走破してみた…新車同然カローラで驚異の燃費の画像2
トヨタレンタカーの「片道GO!」のサイト。乗り捨てサービス(ワンウェイシステム)の利用が多いと思われる区間で、サービスが行われている。

 これは、レンタカーを別の店舗へ返却する乗り捨てサービス(ワンウェイシステム)の回送車を活用したもの。乗り捨てされた車両は、出発地まで回送しなければならず、手間や交通費・人件費が必要となる。そのため長距離の乗り捨てサービス料金は高額に設定されており、トヨタレンタカーの「東京-大阪」間の乗り捨て料金(ワンウェイシステム料金)は、3万5750円に設定されている。

「片道GO!」はこの回送費用を削減するため、回送したい車両をレンタカーとして貸し出すというものだ。乗り捨てサービスを利用した人から費用は回収しているので、安く貸し出しても問題ない。むしろ、回送業者などに支払う費用が削減できるわけだ。同様のサービスはニッポンレンタカーも、専用アプリで「特割ワンウェイ」という名称で実施している。

トヨタレンタカー・片道GO!で京都→東京を走破してみた…新車同然カローラで驚異の燃費の画像3
「片道GO!」は、公式サイトに利用できるすべての車のリストが一覧表示される仕組み。
トヨタレンタカー・片道GO!で京都→東京を走破してみた…新車同然カローラで驚異の燃費の画像4
ニッポンレンタカーの「特割ワンウェイ」は専用アプリで、出発日と出発時刻、出発都道府県を入力して検索する。

 さて、乗り捨て車両ありきの「片道GO!」は、先述したように出発・到着店舗や利用期間が限定されている。公式サイトに店舗や期間などが表示されており、予約は基本的に早い者勝ちとなる。

 回送車両を使用しているため、もちろん車種は指定されており、選ぶことは一切できない。サービス開始当初はインバウンド利用が多かったためか、空港やターミナル駅の最寄り店舗で、多人数が乗れるミニバンが多かったが、現在はそういった傾向はなくなりつつある。

 今回は、トヨタレンタリース京都の堀川店から東京都内の店舗まで借りてみた。高速道路を使わず下道のみを走ったため、48時間4400円のプランを選択している。車種は現行型のカローラツーリングだった。

トヨタレンタカー・片道GO!で京都→東京を走破してみた…新車同然カローラで驚異の燃費の画像5
出発したのはトヨタレンタリース京都の堀川店。二条城に近い、京都の中心部に位置する
トヨタレンタカー・片道GO!で京都→東京を走破してみた…新車同然カローラで驚異の燃費の画像6
貸し出し直後の走行距離は、なんと4750km。ほぼ新車同然のコンディションだった。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ