NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

アマプラ解約運動の裏に、三浦瑠麗氏への“羨望と反感”…鬱憤晴らしの格好の標的に

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

アマプラ解約運動の裏に、三浦瑠麗氏への羨望と反感…鬱憤晴らしの格好の標的にの画像1
三浦瑠麗氏のTwitterアカウントより

「#Amazonプライム解約運動」なるハッシュタグがネット上に出回り、物議を醸している。Amazonプライムビデオの新しいCMに国際政治学者の三浦瑠麗氏が起用されたことに抗議して、Amazonプライムの解約や不買運動を呼びかける運動のようだ。三浦氏が徴兵制導入を公言していることに対する抗議らしいが、このような手法に私は強い違和感を覚える。

 最初に断っておくが、私は徴兵制導入に反対である。そもそも、近代において導入された徴兵制は国民国家の成立と軌を一にしており、二度の世界大戦で多くの犠牲者を出した。その後、ほとんどの欧米先進国で徴兵制は廃止されている。

 フランスでは、2017年に徴兵制の復活を公約にしたエマニュエル・マクロン大統領が当選したが、具現化しつつある政策は16歳になった男女全員に1カ月間の奉仕活動を義務づけるというもの。1997年に廃止された徴兵制とはまったく別物といえるほど、拍子抜けする内容だ。

 第一、  インターネットの普及とグローバル化によって国民国家の意義も役割も縮小しつつある21世紀に徴兵制導入を主張するなんて、時代遅れだと思う。だから、徴兵制導入を公言する三浦氏とは正反対の立場である。

 また、三浦氏を好きか、嫌いかと聞かれれば、私は迷わず嫌いと答えるだろう。「私は賢い。あなたたちは馬鹿」と周囲を見下しているような印象を抱かずにはいられず、反感を覚えるからだ。

 だが、私が三浦さんに反感を覚えるのはなぜかと考え、私の心の奥底をのぞきこむと、羨望、つまり他人の幸福が我慢できない怒りが見えてくる。三浦氏は東大卒の才媛で美人のうえ、素敵な旦那様と可愛い娘さんにも恵まれている。しかも、マスコミにしばしば登場して脚光を浴び、松本人志さんをはじめとする大物にも気に入られている。いわば、一般大衆がほしいと願ってもなかなか手に入れられないものをすべて持っている女性である。こういう女性が羨望の対象になるのは当然だろう。

 だが、羨望のような陰湿な感情が自身の心の奥底にあることを誰だって認めたくない。第一、三浦氏をうらやましいと思う気持ちを認めることは、自分のほうが劣っていると白状するようなものだから、決して認めようとしない。

 自分自身の羨望を認めなくてすむように何をするかというと、あら探しである。三浦氏が才色兼備の成功者であることは厳然たる事実なので、それ以外の“あら”を探し、叩く口実にする。そのための格好の材料が、徴兵制導入の主張だったのではないか。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ