ヨドバシ・ドット・コム、本気の“打倒アマゾン”計画…送料無料で2時間30分で配達の画像1
ヨドバシ・ドット・コムのサイトより

 家電量販店は“ウイズコロナ”に向け、経営トップの世代交代が進む。

 最大手のヤマダ電機は10月1日、持株会社ヤマダホールディングス(HD)体制に移行。事業会社で社長を務める三嶋恒夫氏が同日付でヤマダHD社長に就いた。創業者の山田昇氏はヤマダHDの代表権のある会長に就き、グループ全体の経営を引き続き指揮する。三嶋氏はヤマダHDと家電事業会社、ヤマダデンキの社長を兼務する。

 ビックカメラは9月1日、子会社のコジマ会長兼社長でビックカメラ取締役の木村一義氏が社長に昇格した。宮嶋宏幸社長は同日付で代表権のない取締役副会長に退き、11月19日に退任する。宮嶋氏は15年の長期政権だったことに加え、2期連続の最終減益になったため退任を申し出たという。

 木村氏は日興証券(現SMBC日興証券)を経て、12年にビックカメラに入社、13年、子会社にしたコジマの会長兼社長に就任。郊外店に強みを持つコジマを立て直した。「店舗とネットの連携を進めるほかプライベートブランド(PB)を強化。コスト削減と利益率の向上という二兎を追う」(木村氏)。

 ヨドバシカメラは7月1日付で藤沢和則副社長が社長になった。創業者の藤沢昭和社長は代表権のある会長に就いた。社長交代は1960年の創業以来、初めてだ。和則氏は昭和氏の長男。ネット通販事業を主導してきた。ネットと実店舗の融合を進める。昭和氏は持ち株会社、ヨドバシHDでは引き続き社長を務める。

 ヨドバシカメラはネット通販にいち早く進出した。和則社長がヨドバシに入社後、IT(情報技術)や物流部門の責任者として業務の改革を担当。1998年、ネット通販に新規参入した。楽天市場のサービス開始は97年、アマゾンジャパンが登場したのは2000年。国内はECの黎明期だった。この頃はカタログ通販が全盛だった。アパレルやスポーツ用品などを扱うカタログ通販が無数にあったが、「ネットを使って通販を始めれば、これの代替になると思った」と、和則氏は語っている。

 ヨドバシカメラのECサイト「ヨドバシ・ドット・コム」は、他社を圧倒した。20年3月期のネット通販の売上高は1385億円。全社売上高6931億円の2割を占める。EC売り上げランキング2020年版(通販新聞調べ)では2位。

 アマゾンは食料品や生活用品などあらゆるものを売っており、1兆7433億円。規模が違いすぎるが、家電量販店ではヨドバシが先行している。他社はヨドバシの足元にも及ばない時期が長く続いた。ちなみに3位はZOZO(1255億円)である。

関連記事