ライザップ信用失墜、瀬戸社長「赤字なら辞任」→赤字でも続投…コスト削減依存経営の限界の画像1
ライザップ公式ツイッターより

 外食・小売り企業が苦境に直面している。緊急事態宣言の再発出で業績はさらに悪化する。2月期決算、3月期決算企業の業績見通しの下方修正が相次ぐことになるとみられている。

 そんななかでRIZAPグループ(以下ライザップ、札証アンビシャス上場)の瀬戸健社長の強気の発言が目を引く。2021年3月期はコスト削減で3期ぶりに連結営業黒字を目指すというのだ。固定費の削減だけで今期の営業黒字を達成できるのだろうか。

 瀬戸社長といえば、19年6月の株主総会で、「赤字は絶対にありえないという自信と確信を持っている。(20年3月期が)黒字にならなかったらこの場にはいない」と宣言したが、黒字化を果たせず、「結果にコミット」できなかった過去があるからだ。

「赤字は絶対にありえない」と大見得を切った20年3月期は60億円の最終赤字。19年3月期の194億円に続いて2期連続の赤字を記録した。「黒字にならなかったらこの場にいないはず」の瀬戸社長は続投した。コロナ禍で上場企業が軒並み大打撃を受ける21年3月期決算で、瀬戸氏はあえて「連結営業黒字を目指す」と述べたのである。

20年7~9月期は固定費削減で営業黒字

 ライザップの20年4~9月期の連結決算(国際会計基準)は、売上高にあたる売上収益が前年同期比17%減の852億円、営業損益段階で4億円の赤字(前年同期は29億円の黒字)、最終損益は18億円の赤字(同6600万円の赤字)だった。

 フィットネスジムをはじめとするRIZAP事業を中核に据え、美容と健康に関連した商品のインターネット通信販売や生活雑貨、ゲームセンター、アパレルなど、さまざまな業態の企業を傘下に収め業容を拡大してきた。20年4月7日から5月25日の緊急事態宣言発出中に、グループ全店舗数の約7割にあたる780店舗を臨時休業するなど、厳しい経営環境が続き赤字が累積した。にもかかわらず、21年3月期は営業黒字を目指す根拠はなんなのか。

 20年7~9月期の営業損益が19億円の黒字となり3四半期ぶり黒字に転換したことが強気の背景にある。主力のフィットネスジムなどが臨時休業を余儀なくされていた4~6月期(24億円の営業赤字)から、収益面で大きく改善した。

 フィットネスジムなどRIZAP事業の新規契約件数は、4月は前年同月比89%減、5月は94%減と激減した。スポーツジムは「3密」になりやすいといわれているが、意外にも8月は8%増、9月が7%増と前年同月を上回った。その結果、5月に前年同月比85%減に落ち込んでいた売上高は9月には18%減まで戻した。外出自粛による運動不足を効率的に解消したいと考える人が増えた、と見ている。7~9月期に営業損益が黒字化した主な理由は「断捨離の効果」(瀬戸社長)なのだそうだ。断捨離というのは費用削減のことである。20年4~9月期に販管費を前年同期比74億円減らした。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合