パートやバイトのシフト激減「実質的失業者」女性の貧困急増…休業手当支給の存在知らずの画像1
GettyImagesより

 野村総合研究所未来創発センターは19日、『コロナ禍で急増する女性の「実質的失業」と 「支援からの孤立」-新型コロナの影響でシフトが減ったパート· アルバイト女性に関する調査』と題する調査結果を公表した。同報告書によると、新型コロナウイルス感染症の影響で、大幅にシフトが減少する「実質的失業者」のパート・アルバイト女性は推計90.0万人(2020年12月時点)。さらに「2020年12月時点で、 パート・アルバイト女性の4人に1人がコロナでシフトが減少した」と分析している。この推計値は政府統計上の「休業者」にも「失業者」にも含まれない困窮者がいることを明らかにしている。当サイトでは、急遽、調査の内容を踏まえパート・アルバイトのシフトが激減した女性2人に実情を聞いた。

野村総研「パート・アルバイトの実質的な失業者は90万人」

 同センターは(1)「パート・アルバイト女性の実態に関する調査」(2020年12月18~21日)と(2)「コロナ による休業・シフト減のパート·アルバイト女性の実態に関する調査 」(期間同上)の2つのインターネットアンケートを実施。(1)に関しては全国20~59歳の女性で、パート・アルバイト就業者を対象に5万5889人の回答を得た。(2)は(1)でシフトが減少している5150人が回答をしたという。調査結果サマリーから結果を以下抜粋引用する。

「シフト減したパート・アルバイト女性の4割がコロナ前と比べて5割以上シフト減に」(原文ママ、以下同)

「『シフト5割以上減』かつ『休業手当なし』の人を『実質的失業者』と定義。2020年12月時点で、パート·アルバイト女性で『実質的失業者』は90.0万人にのぼると推計される(『実質的失業者』は一般的に統計上の『休業者』にも『失業者』合まれない)」

「6割近くが『シフト減の場合も休業手当支給の対象』のことを全く知らない」

「6割が『新型コロナウイルス感染症対応休業支援金·給付金』のことを全く知らない」

「シフト減パート·アルバイト女性の5割以上が『暮らし向きが苦しいと感じること』が増え、6割強が『経済状況を理由に気持ちが落ち込むこと』が増えている」

「8割近くで世帯収入が減少(うち4人に1人が世帯収入半減)」

「6割が、食費の支出を減らしたり、貯蓄を削って生計維持を図っている」

「コロナ前と比べて、『暮らし向きが苦しいと感じることが増えた (5割以上)』」

 「将来の家計への不安を感じることが増えた (7割強) 」

 これらは先月時点での結果であり、今月7日の緊急事態宣言の再発令でさらに事態は深刻化しているとみるのが正しいだろう。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合