杉咲花の演技がうますぎる」「テンポがよい」などと話題になっているNHK朝の連続ドラマ小説『おちょやん』。このドラマの出演者に、映美くらら、明日海りお、星蘭ひとみ……と華やかな名前の女優が名を連ねているのにお気づきだろうか。彼女たちはみな、宝塚歌劇団の卒業生、いわゆる「宝塚OG」という人たちだ。(映美くららは元月組トップ娘役、明日海りおは元花組トップスター、星蘭ひとみは元星組娘役・専科)

 宝塚歌劇団には毎年40人前後が入団し、ほぼ同数の40〜50人が退団していく。退団後の道はさまざまであり、最近ではドイツのベルリンを拠点として写真家として活躍する四方花林(元星組娘役、現役時代の芸名はひなたの花梨、94期生)や、退団後に医学部を受験し医師になった銘苅美世(元花組娘役、現役時代の芸名は芽衣かれん、80期生)など多彩なキャリアを積む卒業生もいる。

 が、やはり宝塚OGのセカンドキャリアとして王道といえるのは女優としての活躍。ここでは、ヅカオタ歴四半世紀以上のヅカオタ女医・wojoが、宝塚時代に男役だったスターを、大変僭越ながら勝手にランク付けさせていただきたい。なお、テレビ、映画、舞台等多分野でバランスよく活躍しており、宝塚ファン以外への露出も多いスターを高ランクとした。

【第5位:遼河はるひ】人力舎に所属し、親しみやすさを武器にバラエティもいける稀有な存在

1976年、愛知県名古屋市生まれの45歳、身長173cm、所属はプロダクション人力舎。

 宝塚音楽学校には、史上最高の倍率(48.25倍)といわれた82期として1994年に入学。新人公演で主役を務めるなどスター路線であったがトップスターには至らず、三番手格で2009年に退団、現在はプロダクション人力舎に在籍。舞台、テレビドラマのみならず、バラエティ番組にも積極的に出演しており、いい意味で宝塚ズレしていない芸風が売り。

 芸能界入りする宝塚OGとしては異色ともいえる一般性をまとい、バラエティのひな壇にもなじみやすい。宝塚時代には顔の濃い男役に分類されるスターであったが、退団後は涼やかな、ただ目力だけが普通の人より若干強い、素敵なお姉さん的なキャラといえよう。

【確認中】天海祐希、涼風真世…宝塚OG女優の凄みを考える…『おちょやん』にも多数出演して活躍中の画像1
キレイなお姉さん的な立ち位置でも活躍する遼河はるひ。(写真はKADOKAWAより刊行の初の料理本『調理も保存も、超カンタン!! 遼河はるひのフリーザーバッグまる活ごはん』)

【4位:真飛聖】地味な役から派手な役まで、芸の振り幅の大きさが魅力

1976年、神奈川県川崎市生まれの44歳、身長169cm、所属はワタナベエンターテインメント。

 花組元トップスター(2008年~2011年)。若手時代を過ごした星組で培った男くささを武器に、華やかさが売りの花組でトップとして活躍、ショー『Exciter!!』などの名作を世に送り出した。第5位の遼河はるひ同様、彼女もいわゆる宝塚OGとしてのクセがなく、退団後は特にテレビドラマへの露出が多い女優として活躍。

 2021年1月から放映中のドラマ『その女、ジルバ』(フジテレビ系)では、主人公の物流倉庫での同僚のひとりである村木みか役を好演。一方で舞台では『マイ・フェア・レディ』のイライザ役を演じるなど、地味な役から華やかな役まで芸の振り幅が大きいスターである。第44回日本アカデミー賞優秀作品賞等を受賞した『ミッドナイトスワン』(2020年公開)でのバレエ講師役の好演も記憶に新しい。芸能界入りして超ブレイクした宝塚OGとまではいかないが、芸の手堅さから今後も多方面で重宝されそうである。

【確認中】天海祐希、涼風真世…宝塚OG女優の凄みを考える…『おちょやん』にも多数出演して活躍中の画像2
元宝塚男役のメイクアップアーチスト・CHIHARUによるメイク本『宝塚OGメイク 若返りコスメパレットBOOK』(宝島社)。表紙を飾ったのが真飛聖であった。
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合