NEW
中村芳子「お金のことで苦労せず、人生を楽しむためのお金の基本」

持ち家組の未婚シングル、65歳までに住宅ローン返済を絶対に終わらせる方法

文=中村芳子/アルファアンドアソシエイツ代表、ファイナンシャルプランナー
持ち家組の未婚シングル、65歳までに住宅ローン返済を絶対に終わらせる方法の画像1
「Getty Images」より

シングルは家を買い急ぐな

 シングルの50代が増えている。シングルのまま退職、老後を迎える人も増えるだろう。そんな人たちに、退職後に備えるポイントとして、以下の5つをアドバイスしている。

(1)住まいを確保する

(2)長く働く

(3)投資をする

(4)コミュニティをつくる

(5)専門家の助けを借りる

持ち家組の未婚シングル、65歳までに住宅ローン返済を絶対に終わらせる方法の画像2
『50代のいま、やっておくべきお金のこと 新版』(中村芳子/ダイヤモンド社)

 一番目のポイントが住まいだ。住まいの問題をクリアできたら、老後の不安は格段に軽くなる。前回、持ち家比率(総務省の平成30年の調査より)を見てみた。シングル世帯のうち、50代前半の約30%、50代後半の40%が自分の家を持っているという結果だった。男性よりも女性の持ち家比率が高いのは、将来に早めに備えようとする女性の特性のせいかもしれない。実際に私はFPコンサルティングの現場でも、そう感じている。

 不動産マーケットには、だいぶ前からシングル向けの物件が増えていて、買う人も増えている。でも「家を買ったから老後は安心」とはいかない。

 30代で早々に30平方メートルくらいのマンションを買ったけれど、歳を重ねるにつれ「これからずっとここに住むのはしんどい、住み続けたくない」と感じる人も少なくない。もし、そう感じるなら、買い替えが現実的かどうかを考え、早めにFPなどの専門家に相談してみるといいだろう。買い替えるなら、ローンを65歳までに払い終えるのを条件に、物件を探そう。理由はこの後にお話しする通り。

 これまで相談を受けた経験では、30代で(ときには20代で)家を買ったシングルで、成功している人は10%にも満たない。多くは、中途半端な物件を、相場よりも割高に、無理な資金繰りで買っている。将来に備えるつもりが、逆効果になっていることも多い。シングルは家を買い急ぐなと言っているのは、そういう理由からだ。もし、あなたやあなたの友人がシングルで30代で家を買おうとしていたら、40歳になるまで待つことをお勧めする。

持ち家組は、ローンを65歳までに払い終わるのがキモ

 よい物件を買った。よかった。でも、物件に満足していても、退職後にローンの支払いが延々と続くのは問題だ。シングルで家を買うのは40代が多い。マイホームを買いたいと来られる30代シングルの相談者には、「これから結婚する可能性もあるし、あせってシングル向けの狭い物件を買わないように」とアドバイスする。40歳を過ぎて買うのが賢明だ。

 ところが、40代で35年のローンを借りると、返済終了が75歳以降になる。45歳で20年ローンにすれば、65歳で終わってバンザイなのに、たいてい35年の最長ローンを勧められる。いわれるままに借りると、75歳すぎてもローンを返すことになるわけだ。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合