富士通に勝った男・佐々木ベジ氏とは何者?弟・奥山一寸法師氏と共に某社へ敵対的TOBの画像1
日邦産業のサイトより

“兜町の怪人”といわれたフリージア・マクロス(以下、フリージア)会長の佐々木ベジ氏が、乗っ取りに向けて再び動き出した。対象となっているのは東証ジャスダックに上場している自動車部品などを製造するメーカーの日邦産業だ。

 日邦産業は3月8日、フリージアによるTOB(株式公開買い付け)に反対の意見表明を行い、全面的に戦っていくことを明らかにした。日邦産業は株主たちに対して「公開買付けには応募しないでください。すでに応募されている株主の皆様は、直ちに応募の解除を行っていただきますよう強くお願いいたします」と呼び掛けているという。

 ではフリージアの会長、佐々木氏とはどのような人物なのだろうか。1955年9月、東京都の離島、青ヶ島の奥山治氏の長男として誕生した。弟には佐々木氏の右腕、奥山一寸法師氏がいる。ちなみに2人の名前はいずれも本名だ。

 佐々木氏は71年に高校進学のため島を出て全寮制男子校、東京都立秋川高校に入学。卒業後は家電量販店、マヤ電気に入社。ここで仕事を覚え翌年には20歳でフリージア家電を創業した。当初は社員は佐々木氏以外は誰もいない会社で、自ら秋葉原の街頭でチラシを配り、客を集めたこともあったという。

 78年には法人化して代表取締役に就任。この年から通信販売を手掛け、事業を軌道に乗せた。そして81年には家電以外の商品にも手を広げ、89年度には年商を200億円近くまで伸ばし、NHKの『ルポルタージュにっぽん』で「秋葉原の風雲児」として取り上げらえたこともあったという。

 そして90年にはエイボン・プロダクツの日本法人の買収を仕掛けたが、株価大暴落の末に撤退した。そして91年には累損87億円を抱え倒産の危機にあった産業機械や土木試験機械を製造する東証2部上場の谷藤機械工業(現フリージア・マクロス)の再建を依頼され、社長に就任した。

 ところが75年に自ら創業した通販会社、ピーシーネットが97年に破産宣告を受けた。それだけではない。560億円の債務保証をしていた佐々木氏自身も破産宣告を受け、しばらく表舞台からは姿を消した。しかし2006年にはフリージアの経営立て直しに成功、07年には技研興業をTOBでグループ会社化した。

 その後、ピコイ、シゲムラ建設、マツヤハウジング、東証ジャスダック上場の夢みつけ隊の社長に就任。このとき上場企業の代表取締役重複をさけるためにフリージアでは取締役会長に就任した。さらにダイトーエムイー、東証2部の技研興業の取締役会長に就任。一方で民事再生法の申請を受けたプレミアウェディングバンク、安藤鉄工建設、ホワイトルームなどのスポンサーに就任した。

 しかし、13年には都議会議員選挙で、グループ会社社員9人の住民票を千代田区内のフリージアの事務所に移させて投票させたとして、同社社員が公職選挙法違反で逮捕されるといった不祥事も起きた。20年9月には、フリージアの有価証券報告書に重要な関連当事者取引の記載がなかったとして、金融庁長官から課徴金処分を受けている。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合