ユニクロ、セルフレジ悪用の「万引き」問題…会計時は商品のポケット等を要チェックの画像1
ユニクロの店舗

 非接触での会計手段が求められて普及が進み、もはや珍しい存在ではなくなったセルフレジ。そのなかでも「ユニクロ」や「GU」の置くだけで商品を読み取って会計することができる、RFID(Radio Frequency Identification)のタグを採用したセルフレジは登場当時、大いに注目を集めた。

 そんなユニクロのセルフレジに関して、SNSに投稿されたある体験談が話題となった。それは、購入しようとした衣服のポケットに別の商品のRFIDタグが紛れ込んでいたというものだ。

 RFIDは電波によってタグを読み取れるだけでなく、タグへの書き込みも可能としており、レジを通した商品に書き込みを行うことで、未会計の商品を識別して盗難を防いでいる。つまり、会計前の商品のRFIDタグを取り外し、別の商品に紛れ込ませるという万引き犯罪の手口があり、SNS投稿者はそのとばっちりを受けた可能性が高そうだ。

 すでに話題となった投稿は削除されているが、これに端を発して似たような体験談が次々と投稿され、RFIDタグの仕組みを悪用した万引きの存在は一気に周知されることとなった。被害に遭った人々が多いということは、この手の万引きは増加傾向にあると推測されるが、実際のところはどうなのだろうか。

 そこで、企業の危機管理のトータルサポートを行うエス・ピー・ネットワークの総合研究部上席研究員である伊藤岳洋氏に、RFIDタグなどのセルフレジの仕組みを悪用した犯罪の現状や、その対策について聞いた。

類似犯罪の増加で可視化された最新システム悪用の万引き

 RFIDタグは、それぞれに割り振られている番号を電波で瞬時に読み取り、同じ商品を複数購入しても正確に処理できることが便利とされている。現在ではさまざまな業態で広く導入されている。

「報道などによると、ユニクロで試験導入が始まったのは2017年11月頃で、それから2年後の2019年中頃までに全店で導入されました。ユニクロ以外では大手スーパーのイオンや、経済産業省の後押しを受けたセブン-イレブンなどの大手コンビニチェーンが、セルフレジの仕組みとして導入しようと実証実験が行われています。

 会計と紐づけた形ではありませんが、書店や一部のドラッグストアでは防犯を目的として、高額商品にRFIDタグを付けているケースもあります。また、RFIDタグは瞬時に一括で読み取ることができるので、アパレル業界では在庫管理・生産管理の手段として導入が進んでいます」(伊藤氏)

 利用者の目には見えない形でも普及が進んでいるRFIDタグ。この仕組みを悪用した万引きはやはり増加傾向にあるのだろうか。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合