NEW

アニメ『東京BABYLON』制作会社、なぜ盗用に走った?背景に業界の超過酷労働の蔓延

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

アニメ『東京BABYLON』制作会社、なぜ盗用に走った?背景に業界の超過酷労働の蔓延の画像1
『東京BABYLON 2021』公式サイトより

 人気漫画家集団CLAMPの代表作として1990~93年、「サウス」「月刊ウイング」(いずれも新書館)に連載された『東京BABYLON』のアニメ化作品 『東京BABYLON 2021』の制作中止が29日、公式サイトで発表された。同アニメでは昨年11月ごろにキャラクターの衣装デザインなどの模倣が指摘され、放送延期となっていた。

 公式サイトでは<TVアニメ「東京BABYLON 2021」に関する重要なご報告>と題して、次のように説明する。

「過日、アニメーション制作会社によります【模倣盗用】が発覚した後、コンプライアンスを順守し二度と同様の事態を発生させないように、委員会として全てのプロダクトの見直しを行って参りました。その結果、残念ながらご指摘を受けましたキャラクターの衣装設定2点以外にも、多数の模倣盗用があることが判明いたしました。

 制作会社に対して管理不行届きでありましたこと、製作委員会一同、深くお詫び申し上げます。

 製作委員会内で協議を重ねました結果、現制作会社との信頼関係の欠如により制作続行は不可能と判断し、【東京BABYLON 2021】プロジェクトは制作中止とさせて頂きます。その上で、改めてCLAMP先生、製作委員会にて協議の上、全く新たな制作体制で再出発させて頂くこととなりました」(原文ママ)

韓国の女性アイドルグループの衣装などに酷似?

 原作『東京BABYLON』は主人公・皇昴流と双子の姉・北都が陰陽師としてさまざまな霊的事件を解決していく現代ファンタジー。連載当時のトピックだった自殺や新興宗教、いじめなどのシリアスな社会問題を物語に巧みに織り込み、多くのファンを獲得した。アニメ化にあたっては当時の作風を残しつつ、現代の日本の世相も反映させる予定だったという。

 盗用問題の発端は昨年11月19日、12月4日に発表された同作品のメインキャラクターの北都、昴流の新ビジュアル及びキャラクター設定イラストの衣装だった。北都の黒いジャケットとピンクのドレスが韓国女性アイドルグループ「Red Velvet」のYeriの衣装(下記ツイッター4枚目の写真参照)と酷似していたほか、昴流の狩衣衣装はボークス(京都市)の製造販売するドールの衣装と似ているとそれぞれ指摘があったのだ。

 韓国国内では「Red Velvet」のファンを中心にネット上で話題になった。韓国ニュースサイト「Insight」は11月21日、Red VelvetのYeriの衣装と北都の衣装を検証する記事『レッドベルベットの衣装そのまま真似 日本アニメ「東京バビロン」』(元記事はハングル)を公開し、騒動は一層拡大した。日韓両国で物議を醸した結果、TOKYO BABYLON 2021 PROJECTが制作会社「Go Hands」の調査に乗り出していた。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合