パチンコ業界の衰退が止まらない本当の理由…タイアップ台の弊害と版権マネーの裏事情の画像1
パチンコ台(「Wikipedia」より)

 パチンコ業界は、どこまで衰退していくのか。

 1990年代に約30兆円だった市場規模は、今や約20兆円まで減少。パチンコホール数は約1万8000店だった1995年以降、減少傾向が止まらず、2018年には1万店を割り込んだ。この現状を招いた原因は、射幸性を抑える方向への規則改正やギャンブル依存症の問題など、数え上げればキリがない。

 では、パチンコ業界で働いている人は“衰退の理由”をどのように考えているのだろうか。前編の今回は、都内でパチンコ台の液晶開発会社を経営している、元メーカー開発者のT氏に本音を語ってもらった。

アニメや芸能人との“タイアップ台”の功罪

「パチンコファンの減少に歯止めがきかない原因? 僕はタイアップ台のせいだと思っています」(T氏)

 パチンコ業界初のタイアップ台は、芸人の河内家菊水丸とコラボした羽根モノ「オロチョンパII(1992年・SANKYO)」。そして、タイアップ台の地位を確立したのが「ルパン三世(1998年・平和)」である。「ルパン三世」は20万台を超える大ヒットとなり、パチンコ・パチスロを打ったことがなかったアニメファンを取り込むことに成功した。

「パチンコ人気が一段落した時期に『新世紀エヴァンゲリオン』(2004年・ビスティ)や『ぱちんこ冬のソナタ』(2006年・京楽)で新規ユーザーを獲得できたことは、業界としては大きかった。“歌パチ”というジャンルを確立させた『ピンクレディー』(2002年・DAIICHI)や『中森明菜・歌姫伝説』(2006年・DAIICHI)の貢献度も高いのは間違いないです」(同)

「でも……」と、T氏は別の側面を語る。

 アニメや芸能人のタイアップ台が次々と登場し、その多くがヒットしたことによって、パチンコ業界のイメージがアップしたことは事実だ。しかし、芸能界から売り込みがあったり、版権を扱う代理店が増えたりしたことで、パチンコメーカーが大物芸能人やS級クラスの版権を札束で買い漁る状況になってしまった。

 その結果、S級クラスの版権は一気に枯渇。近年は新台発表のサイクルが速いこともあり、メーカーはB級、C級クラスの版権に手を出さざるを得ない状況になっている。

「タイアップ台は一度火がつけばヒットどころではなく、数十万台を超える大ヒットになり、それだけで会社を支えることができた。『エヴァンゲリオン』や『牙狼』がいい例ですよね」(同)

 一大ヒットシリーズともなれば、パチンコマネーで(原作映画の)続編をつくり、その映像を使ってパチンコ・パチスロを開発する、という流れが出てきているのだ。

 また、「北斗の拳」「花の慶次」「ルパン三世」「エヴァンゲリオン」「牙狼」といったキラーコンテンツは固定ファンがついており、新台を出す際には、ある程度の台数を見込めるのも大きい。

「でも、タイアップ台ばかりつくり続けてきたことが開発者のレベル低下につながっていると、僕は思っています」(同)

 メーカーでヒット機種を手がけて独立したT氏は、タイアップ台の弊害を次のように語る。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合