パチンコ・パチスロを打たないサラリーマン店長が急増…現役ホール店長が語る裏事情の画像1
一般的なパチンコ店内の様子(「Wikipedia」より)

 前後編でお伝えしている、業界内で働く人が考える“パチンコ業界衰退の理由”。

 前回は、元メーカー開発者のT氏から「タイアップ台に頼りきっているせいではないだろうか」という言葉が出てきた。今回お話をうかがうのは、都内の中規模店で店長を務めるS氏。メーカーとユーザーに挟まれ、その両方を見て適切に対応しなければいけない立場にある、ホール側の本音を語ってもらった。

現役店長が感じるホール側の問題点とは?

「お客さんをたくさん呼ぶのは簡単です。赤字覚悟で玉を出せばいいだけ。逆に言えば、お客さんが来ないのは、そのホールが“勝てないお店”だからです」(S氏)

 確かに、非常に単純でわかりやすい話である。では、パチンコ業界が衰退しているのは、ホールが渋い営業をしていることが原因なのだろうか。

「もちろん、それも原因の一つでしょうね。かつてのMAXスペックのような高射幸性の台がつくれなくなったのは大きいけど、『戦姫絶唱シンフォギア』や『大工の源さん 超韋駄天』などの1種2種混合機をはじめ、毎年、人気機種や元気なメーカーはありますよね。それをうまく活かせるかどうかが、ホール側の腕の見せどころですから」(同)

 S氏は昨今の厳しい状況を規則改正やメーカーのせいにすることなく、「自分たちにもできることがある」「自分のたちのせいでもある」と受け止めているようだ。

「だって、社内の店長や地域のお店の状況を見ていると、『こいつら、パチンコに興味ないだろ?』って感じる場合も少なくないから、私たちにも間違いなく原因がありますよ(笑)」(同)

 一昔前のパチンコホールは、まさに“鉄火場”。お客さんの多くはギャンブル好き男性と不良学生、店内はタバコの煙が充満、パンチパーマでガラの悪い店員も多かった。

 しかし、近年は店内の照明や装飾物によって雰囲気が明るく華やかになり、トイレは広くて清潔、アメニティが充実しているホールも多い。4年制大学の新卒を採用するパチンコホール企業も多くなり、社員教育も徹底している。そうした動きがパチンコ業界のイメージアップにつながり、女性もホールに足を運びやすい状況を生み出した。

 そんな状況を喜んでいるかと思えば、「とはいえ、ですよ」とS氏は釘を刺す。

「新卒学生を採るのが悪いとは言いませんが、パチンコ・パチスロに興味がないけど『給料が高いから』という理由で志望する人が多いのは、業界にとってマイナスですね。若いうちに稼いで、お金が貯まったら転職する人が多いし、『それもやむなし』と考えている業界全体も問題だと思います」(同)

パチンコを打たない“サラリーマン店長”が増加

 パチンコ業界に限った話ではないが、役職が上がるにつれて拘束時間が長くなり、店長ともなればプライベートを犠牲にして仕事をしなければいけない場面も出てくるため、パチンコホール店長の離婚率は高いのだとか。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合