Snow Man、キンプリの「いじめ問題」を考える…V6や嵐はそれをいかに克服したかの画像1
Snow Manの目黒蓮(左端)が、同グループの向井康二(右から3番目)に“カンチョー”をしているシーンがバラエティ番組の予告動画に流れ、ファンの間で物議をかもした。単なるメンバー間の“ワチャワチャ”なのか? それとも「いじめ」となり得るのか?

 やる側にとってそれは「からかい」「いじり」のつもりでも、やられる側にとっては「いじめ」となり得る……。こうした“ズレ”は、いつの時代でも人間関係における重要なテーマのひとつだろう。ましてや子ども間の人間関係においてそれが生じた場合、深刻なメンタルの病、そして自殺といった“最悪の事態”までの距離の近さは、大人の比ではないだろう。

 そんなことを考えさせられる、判定の難しい「いじり行為」が今、ジャニーズグループ内において頻発し、ファンを巻き込んで物議をかもしているようだ。

Snow Manの目黒蓮が向井康二に“カンチョー”…2人は共に弁明・反省をブログに掲載

 例えば9人組グループのSnow Man

 5月3日放送のバラエティ番組『アイ・アム・冒険少年 2時間SP』(TBS系)の予告動画において、Snow Manの目黒蓮(24)が、同グループの向井康二(26)に“カンチョー”をしているシーンが流れた。これに対しSNSでは、「痔や脱腸の危険性がある」「子どもが真似するからやめてほしい」といった指摘がファンらしきアカウントなどによってなされた。

 批判の大きさを受けてか向井は、同21日にファンクラブ向け会員ブログを更新、以下のように“弁解”する。

「そんなメンバーと僕がじゃれ合ってることで 僕はなんも怪我とかしてないし それで、嫌な思いもしてへんよ」
「番組とかでちゃんとした流れがあってから メンバーはやってることだってあるし その場の雰囲気も良かったりしてるから 僕たちのじゃれあいが使われたりします」
「一部シーンだけみて 色々と膨らんでいくのが怖くて、、」

 一方、“やった側”である目黒のほうも同24日のブログで、以下のような“反省文”をアップする。

「色んな人が心配してくれてること ちゃんと考えて反省したから安心してね」
「笑わせたいと思ってしてた行動が間違えてたのを気付かせてもらった俺はまた最強に1歩近付けたぜ カンチョーで笑ってくれてた人もありがとう」

 あるいは、5人組グループのKing & Princeキンプリ)。

 5月28日にインスタグラムで投稿したストーリーズや、同30日に行われたインスタライブにおいて、永瀬廉(22)が岸優太(25)を叩くシーンがあり、こちらにもSNSなどでファンから批判の声が寄せられることとなった。これには、以前からキンプリファンの間では、岸に対する他メンバーからの過剰にも思えるいじりについて「ただのいじめではないか」といった声があったことが背景にあったようである。

Snow Man、キンプリの「いじめ問題」を考える…V6や嵐はそれをいかに克服したかの画像2
5人組グループのKing & Prince(キンプリ)。以前から岸優太(左から2番目)に対する他メンバーからの過剰にも思えるいじりがファンの間では問題視されている。とはいえ、岸はグループ最年長。いじられるのは愛されキャラゆえ?
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合