アイリスオーヤマ“5万円”ノートPC、安かろう悪かろう?専門家が厳しいレビューの画像1
アイリスオーヤマのサイトより

 白物家電や家具などの生活用品メーカーの雄として知られるアイリスオーヤマが、今年3月25日にノートPC市場に電撃参戦。アイリスオーヤマといえば、2010年12月期では約1992億円だったグループの売り上げが、20年12月期には6900億円にまで拡大するなど、コストパフォーマンスの良い商品ラインナップで躍進を続けている企業だ。

 そんなアイリスオーヤマが手がけたノートPC「LUCA Note PC」(税込価格5万4780円)は、発売前日にテレビ東京系のニュース番組『ワールドビジネスサテライト』に出演した同社の社長・大山晃弘氏が「非常にいい」と語ったように、その性能に期待が集まっていた。

 しかし、発売されるやネット上ではその性能を疑問視する声が続々と噴出し、発売開始早々に価格を1万円も値下げする販売店まで現れている。

 そこで今回は同商品について、ITジャーナリストの石川温氏に話を聞き、同商品誕生の背景からそのスペック分析まで詳しく解説してもらった。

アイリスオーヤマが狙う「GIGAスクール構想」需要とは?

 2012年に大量リストラを行った家電メーカー大手・三洋電機の技術者を大量に採用したアイリスオーヤマ。これにより一気に家電業界のシェアを獲得してきたわけだが、PC市場に参入できたのにはどんな背景があるのだろうか。

「実は、PC自体を製造して販売すること自体は難しくないんです。自社工場を用意するなら当然費用はかかりますが、実際は多くのPC製造企業が自社で工場を持たないファブレス経営と呼ばれるスタイルをとっています。中国や台湾に数多くある組み立てを専門とする企業に発注して、PCを製造することができるんです。アイリスオーヤマもまさにこの方式で今回のPCを製造したのだと思います。PCの設計に関しても基本的なパターンはすでに多くの企業が知るところですし、参入の障壁自体はそこまで高くはなかったのでしょう」(石川氏)

 家電メーカーによるPC市場への参入は、1980年代のシャープや日立製作所などがあるが、いずれもこの事業からは撤退してしまっている。こうした歴史を経てなお、なぜアイリスオーヤマは今回の参入を決意したのか気になるところである。

「それは『GIGAスクール構想』への需要を見越していたからでしょうね。GIGAスクール構想というのは、2019年の12月に文部科学省が打ち出した構想で、全国の小学生と中学生に一人1台の端末を配付、高速かつ大容量の通信ネットワークを一体的に設備して、先端技術を取り入れた教育を受けさせようというものです。

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合