NEW

EVシフトで世界的に注目度が高まる「リョービ」、どんな会社?“ダイカスト大手”の高い技術力

文=真壁昭夫/法政大学大学院教授
【この記事のキーワード】

,

EVシフトで世界的に注目度が高まる「リョービ」、どんな会社?“ダイカスト大手”の高い技術力の画像1
「リョービ HP」より

 世界的に、モノの価格上昇が鮮明化している。原材料価格上昇が業績拡大を遂げてきた日本企業の業績に与える影響は無視できない。そのほかにも、現在の世界経済の環境変化のスピードは加速化している。

 その状況下、注目したい企業の一つがダイカスト大手のリョービだ。その理由は2つある。まず、世界的な自動車需要の回復に支えられてダイカスト事業を中心にリョービの収益は回復してきた。ダイカスト技術は同社のコア・コンピタンスだ。2つ目に、アルミニウム価格の上昇によって2021年度の業績は当初予想を下回る見込みだ。

 今後の展開を考えた時、自動車の電動化などによってダイカスト技術の重要性は高まる可能性がある。その一方で、米国の金融政策が早期に引き締められるなど、世界経済の環境はさらに変化する可能性がある。リョービに求められることは、“選択と集中”を進めつつ、先端技術を積極的に活用して高付加価値の製品を創出することだ。同じことが多くの日本企業にもあてはまる。

世界的なモノの価格上昇の鮮明化

 現在、米国や中国を中心にモノの価格が上昇している。その背景として、4つの要因を確認しておきたい。

 まず、新型コロナウイルスの感染拡大によって世界経済の供給のボトルネックが顕在化した。世界的に港湾施設の稼働率が低下し、モノの供給・生産体制が停滞した。その一方で、米中対立や経済のデジタル化によって半導体の需給がひっ迫してきたうえにコロナ禍による“巣ごもり需要”が加わり、半導体不足が深刻化した。物流の停滞や半導体や素材の供給不足から、世界全体で供給が需要を下回っている。その状況下、2020年後半以降、リョービの業績は徐々に回復してきた。

 次に、人々の生活様式の変化もモノの価格を押し上げる一因である。日本だけでなく世界的に郊外に住み場所を変える人は増加し、戸建て住宅への需要が高まっている。それは、リョービの住宅機器事業の回復を支えている。住宅建設に使われる木材の不足も顕著だ。一時“ウッドショック”と呼ばれるほど木材の価格は大きく上昇した場面があった。

 3点目として、バイデン政権の経済対策は米国経済の実力以上に需要を押し上げ、インフレ懸念を高める恐れがある。米国では、感染対策として人々の移動が制限された結果、貯蓄が増えた。変異株感染の影響は軽視できないが、ワクチン接種によって徐々に消費は増加し、自動車などモノへの支出は増加するだろう。その展開が鮮明となれば、鉱物資源や原油などの価格には上昇圧力がかかり、リョービをはじめ日本企業の製造原価は押し上げられ、収益の下振れリスクは高まる。4~6月期まで日本企業が調達するアルミの価格が3四半期連続で上昇し、世界的な争奪戦の様相を呈している。その状況に拍車がかかる可能性は過小評価できない。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合