NEW

『おかえりモネ』で注目度急上昇、恒松祐里の魅力…『全裸監督』から朝ドラまで幅広い演技力

上杉純也/フリーライター
【この記事のキーワード】

, ,

『おかえりモネ』で注目度急上昇、恒松祐里の魅力…『全裸監督』から朝ドラまで幅広い演技力の画像1
「NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』公式サイト」より

 現在放送中の朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK総合)。“東京編”に突入してしばらく経つが、1人注目したいキャラクターがいる。

 清原果耶演じるヒロイン・永浦百音の幼馴染で、同級生の野村明日美である。気仙沼時代はあまり目立つことはなかったが、百音の上京後、その下宿先に転がり込んで一緒に住むなど、出番が大幅にアップ。ともすればシリアスな展開になりがちな本作だが、百音と違ってハキハキとしたキャラを武器に、要所要所で物語を明るく照らす太陽のような存在になっているのだ。

幼稚園の頃から芸歴スタート、転機は2015年

 今回は、この明日美を演じる恒松祐里の魅力について探っていきたい。

 恒松祐里は1998年10月9日生まれの現在22歳。若手女優ではあるが、意外と芸歴は長い。幼稚園児の頃、照れ屋な性格を心配した両親の勧めで受けたオーディションに合格したことが芸能活動の始まり。6歳だった2005年に放送された連続ドラマ『瑠璃の島』(日本テレビ系)で子役としてデビューした。

 だが、最初に注目を浴びたのは演技ではなかった。それは13年、夏の恒例番組『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)内の人気コーナー“さんま・中居の今夜も眠れない”でのこと。明石家さんまが、直近1年間で気になった女性を発表する“ラブメイト10”で、当時14歳だった彼女を第6位に選んだことで大反響を呼んだ。

 当然、まだ無名の少女で、業界内でも「あの子は誰だ」と噂になった。ちなみに、さんまとの関係は、FUNKY MONKEY BABYSのラストシングル『ありがとう』のPVに女子生徒役で登場し、共演したことによる。

 ちょうど同じ頃、恒松は自分なりに演技のコツがつかめてきたと述回している。オーディションでも褒められることが増え、最後まで残れるようになり、芝居が楽しくなってきたという。大きな自信になった作品の撮影も、この時期のこと。

 15年2月に公開された映画『くちびるに歌を』(アスミック・エース)で、女子中学生・仲村ナズナを好演。特に、新垣結衣演じる合唱部の顧問・柏木ユリからの「なんでそんなに合唱がんばれるの」という問いかけに対して、「ただ(合唱が)好きってだけじゃ、いかんとですか」と答える場面の存在感は圧巻だった。「いっぱい考えて考えて考えた結果、『ただ好きってだけじゃダメですか』っていう答えしか思い浮かばなかった」という演技が、実にリアルだったのである。

 この15年は、土屋太鳳がヒロインを務めた朝ドラ『まれ』にも出演。実は『おかえりモネ』よりも遥か以前に、すでにNHKの朝ドラに出演を果たしていたのだ。このときは第4週に登場し、桶作元治(田中泯)・文(田中裕子)夫婦の孫である友美役を演じている。

 さらに10月には連続ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)に主人公・桜庭潤子(石原さとみ)の妹・寧々役で出演。原作のネガティブなキャラクターとは違って、元気な女子高生だった。お姉ちゃんが大好きで応援したり、結婚をけしかけたりしたかと思えば、イケメン高校生にときめいたりと、ハツラツとした演技が実に印象的であった。潤子に鋭いツッコミを入れる場面もあるなど、仲の良い姉妹関係が描かれており、観るものに「こんな妹がいたらいいな」と思わせる好演を見せた。

 そしてこの15年を転機として、次々と話題のドラマに出演していくようになる。16年には大河ドラマ『真田丸』(NHK)で堺雅人演じる主人公・真田信繁の長女・すえ役を、18年には『もみ決して冬~わが家の問題なかったことに~』(日本テレビ系)で主人公・北沢秀作(山田涼介)の恋人である池江里子役を演じ、一躍注目を浴びている。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合