NEW

日本の半導体・家電、世界トップから没落した原因の研究…自動車産業が二の舞を回避する方策

文=真壁昭夫/法政大学大学院教授
【この記事のキーワード】

, ,

日本の半導体・家電、世界トップから没落した原因の研究…自動車産業が二の舞を回避する方策の画像1
「Getty Images」より

 8月に入り、株式会社小糸製作所の株価が大きく下げる場面があった。その一因として、東南アジアでの感染再拡大によって自動車部品の供給が制約され、トヨタ自動車が9月の世界生産を4割減らすことは大きい。世界的な車載半導体の不足も重なり、生産を減らす自動車メーカーは多い。目先、小糸製作所の収益減少リスクは高まりやすい。

 その一方で、中長期的な世界経済の展開を考えると、各国の自動車需要は高まるだろう。「CASE(ネット空間との接続性、自動運転、シェアリング、電動化)」によって自動車の社会的な機能は大きく変わる。世界的な脱炭素への取り組みも、主要国経済の屋台骨である自動車産業全体の競争力に無視できない影響を与える。

 小糸製作所に求められることは、目先は固定費の削減を中心に事業運営の効率性を高めることだ。その上で、同社が、これまでの組織の行動様式にとらわれずに、より成長期待の高い分野に進出して高付加価値のモノづくりを実現することを期待したい。現在の同社の財務内容をもとに考えると、そうした取り組みを強化する体力があるはずだ。

現在の小糸製作所の事業環境

 現在の小糸製作所を取り巻く事業環境を概観すると、目先、収益環境の不安定感は高まりやすい。その一方で、少し長めの目線で考えると、事業環境の変化のスピードは、さらに加速していくだろう。

 年初来の世界経済の環境変化を時系列に確認すると、まず、世界的な半導体の不足が深刻化し、世界的に自動車の生産が計画通りに進まない状況が発生した。そうした中でも、日本の自動車メーカーは厳格な在庫管理によって生産計画を維持し、業績の回復を実現した。それは小糸製作所の収益にプラスの影響を与えた。2021年3月期、同社の決算は前年比で減収減益となったが、会社予想は上回った。ポイントは、同社の経営陣がどの程度の保守的な姿勢で収益を予想したかだ。

 4月頃から小糸製作所にとってマイナスの要因が徐々に増えている。まず、中国の新車販売台数の増加ペースが鈍り始めた。それに加えて、世界的な感染再拡大によって同社の海外生産拠点の稼働が一時停止されるなど、短期的に売上高の減少要因が増えている。特に、トヨタ自動車が9月の世界生産を4割減らすと発表したこともあり、小糸製作所の収益を慎重に考える主要投資家は増えている。当面の間、車載半導体の不足が続くとみられることも収益のリスク要因だ。

 その一方で、世界的な自動車の電動化が加速している。中国ではEVなど新エネルギー車の販売は増加傾向を維持している。米国でもEVなどの需要は拡大している。気候変動問題の深刻化などを背景に、ガソリンエンジンなどを搭載して走行時に排気ガスを排出する自動車から、排気ガスの少ない自動車やガスを排出しないゼロエミッション車へ需要は拡大する。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合