NEW

なぜアスリードは富士興産への敵対的TOBを突如、撤回?ちらつく「任天堂の創業家」の影

文=松崎隆司/経済ジャーナリスト
なぜアスリードは富士興産への敵対的TOBを突如、撤回?ちらつく「任天堂の創業家」の影の画像1
「富士興産 HP」より

 アクティビストファンドのアスリード・キャピタルは8月24日、石油販売を手掛ける東証一部上場の富士興産への敵対的買収(TOB)を断念したと発表した。しかし、固唾を飲んで事態を注視していた富士興産の関係者の心境は複雑だ。

「TOBが中止されたことで、われわれも買収防衛策として発動する予定だった新株予約権の無償割当については中止しました。しかしTOBを断念したとはいえ、彼らは依然として大株主ですし、TOBをかける前の状態に戻ったにすぎません。われわれは企業価値を高めていく努力をしていくだけです」(富士興産広報担当者)

 敵対的買収の詳細な経緯については既報(『富士興産に敵対的TOB…ファンドの背後に「任天堂の創業家」と「村上ファンド」か 』)に譲るとして、ここで改めてその概要を見てみると、アスリードが唐突に富士興産へのTOB開始を公表したのが4月28日。

 富士興産は5月24日に買収防衛策の導入・発動を公表する一方で、同月28日にはアスリードによるTOBに対して「当社の企業価値ひいては株主の皆様共同の利益の最大化を妨げるもの」だと正式に反対を表明した。富士興産は、買収防衛策の導入・発動について、株主総会で株主意思確認を行うため6月24日の定時株主総会に議案として提出。議案はいずれも承認・可決され、会社側に軍配が上がった。

 この間、アスリードも指をくわえて見ていたわけではなかった。買収防衛策の差し止めを求め裁判所に仮処分を申し立てていた。しかし、それが認められず、即時抗告を行うも8月10日には棄却され、8月24日、ついにアスリードはTOB期間終了までに裁判所による差し止めの判断を得ることが困難だとして、TOBの撤回に追いやられた。

ヤマウチNo.10ファミリーオフィス

 ところでアスリード・キャピタルとはいったいどのような投資ファンドなのか。創業は2019年11月。シンガポールを拠点に日本の上場企業を対象にした投資ファンドだ。

 このファンドの運営を担っているのが、門田泰人氏と浅野弘揮氏の2人だ。門田氏はUBSやローンスターなど外資系金融出身。浅野氏はフィデリティ投信出身だ。2人はアクティビストとして株主総会などに乗り込んで投資先に揺さぶりをかける役割と、社外取締役として投資先に入り込む役割とを分担しているとされる。しかし、これだけならよくあるアクティビストファンドだが、かつて一世を風靡し、日本中に衝撃を与えたあの有名な投資ファンドの影がちらついている。

「アスリードは、かの村上ファンドを率いる村上世彰氏の娘である野村絢氏から富士興産株式を相対で取得した可能性があり、さらに村上ファンドからの出資も受けているといわれています」(金融業界事情通)

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合