NEW
たかぎこういち「“イケてる大先輩”が一刀両断」

ナイキ・ダンク「The 50」“見事な販売手法”を分析…アパレル販売の新常識&生き残り策

文=たかぎこういち/タカギ&アソシエイツ代表、東京モード学園講師
【この記事のキーワード】

, ,

ナイキ・ダンク「The 50」“見事な販売手法”を分析…アパレル販売の新常識&生き残り策の画像1
ナイキ・ダンク「The 50」

 ここ数年、スニーカーマニアの間だけで人気があった限定スニーカーの再販価格が急騰している。“テンバイヤー”と呼ばれる値上がりを見込んで転売で利益をあげるために購入する人が急増。再販価格の高騰を受け、投資対象としての限定スニーカーに熱い視線が集中している。ネット上ではブランドスニーカーの投資塾や転売方法の講座まで開設されている。その現状も興味深いが、再販市場の解説は別の機会にお届けしたい。

 今回は、ルイ・ヴィトンのメンズクリエィティブディレクターも兼ねるヴァージル・アブロー率いるラグジュアリーストリートブランドの雄「Off-White(オフホワイト)」とナイキのコラボ商品を取り上げる。1985年にナイキの急成長の原点となった大ヒット商品「NIKE DUNK LOW(ナイキダンクロウ)」とのコラボレーション商品の販売方法が非常に興味深いからだ。

 従来から人気限定商品の発売日には、店頭に長い行列が生まれてきたが、昨年からのコロナ禍で行列や店内での「密」を避けなければならなくなった。今回のナイキの限定商品販売手法を通じて、これからのファッション販売方法を検証してみたい。

1. ナイキダンク誕生から「THE 50」まで

ナイキ・ダンク「The 50」“見事な販売手法”を分析…アパレル販売の新常識&生き残り策の画像2
『アパレル業界のしくみとビジネスがしっかりわかる教科書』(たかぎこういち/技術評論社)

 簡単にナイキダンクの歴史を振り返りたい。ダンクとは、米国内でまだ無名であったナイキが85年、NCAA(全米大学体育協会)のバスケットボールトーナメントの名門校へ提供した、スクールカラーを採用したオリジナル商品名である。ホワイト一色だった当時のバスケットボールシューズに色彩のバリエーションを加え商品化。発売が開始されるや一躍大人気商品となった。これがナイキダンクの伝説の始まりである。“LOW”と“HIGH”は、シューズのローカットとハイカットの違いである。

 ナイキの売れ筋商品としては、「AIR MAX(エア マックス)」が人気を集め、その後「AIR JORDAN(エア ジョーダン)」「AIR FORCE(エア フォース)」、そして最強の「Dunk(ダンク)」と復刻販売を繰り返しながら成長してきた。ダンクに関しては、2000年代初めに人気はいったん落ち着きをみせたが、01年、日本のスニーカー専門店アトモスの別注商品である人気サーフブランド「STUSSY(ステューシー)」とのコラボ商品が発売され、02年には厚タンと呼ばれる「Nike SB Dunk Low(ナイキSB ダンクロー))のスケートボードモデルが登場。次々と話題の商品が続いた。

 20年には発売35周年を迎え、ますます多様な商品展開をみせている。日本のコム・デ・ギャルソンや人気ラッパーとのコラボ商品。そのひとつが17年に発表された「Off-White×NIKE The 10」であった。過去、ヴァージル・アブローはナイキとのコラボ商品をすべて超人気商品に押し上げた実績を持つ。従来のデザイナーとは違ったアフリカ系アメリカ人特有の新鮮なクリエーションは絶大であった。ナイキファンのみならずスニーカーファンにとっては、常に垂涎の的であり続ける。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合