NEW

ダイソーネットストア、送料770円でも利用者に絶大なメリット?ダイソーの狙い

取材・文=A4studio
ダイソーネットストア
ダイソーネットストアのサイトより

 コロナ禍においても100円ショップの売上は好調だ。なかでも業界トップの「ダイソー」は、テレワーク促進の流れやおうち時間増加を追い風にし、文房具からキッチン用品などバラエティに富んだ商品群をリーズナブルな価格帯で展開。時代に即した消費者の巣ごもりニーズに応え、受け入れられている。

 そんなダイソーが10月13日、商品の取り扱い数・約3万点を誇る「ダイソーネットストア」をオープンした。100円ショップの商品をネットショッピングできるというのは魅力的に感じるだろう。

 しかし、注文できるのが合計金額1650円(税込、以下同)からと制限があり、送料は770円かかるという。合計金額が1万1000円を超えた場合は送料無料となるが、110円商品なら100点以上も注文しなければいけないことになる。この送料がネックとなり、利用を躊躇する方もいるだろう。

 そこで今回は、消費経済ジャーナリストの松崎のり子氏に、ECサイトをオープンさせたダイソーの狙いや利用する消費者のメリットなどについて話を聞いた。

多数の懸念点に目を瞑ってもダイソーがECサイトを展開させたかったワケ

 実はダイソーネットストアは、今年5月に配送先を千葉県と神奈川県に限定してプレオープンしており、その試験運用を経たうえで10月の正式リリースにこぎ着けていた。

「今年3月に東京・渋谷に、ダイソーの姉妹ブランド『スタンダードプロダクツ バイ ダイソー』がオープンしましたが、その時に、ネットストアのプレオープンを報せるチラシを目にしました

 スタンダードプロダクツ バイ ダイソーの商品の大半は330円。SNS映えやデザイン性を重視するデジタルネイティブな消費者に向けて用意されたブランドだと思うので、おそらくダイソーネットストアのターゲット層と被っていたのでしょう。そこでダイソーネットストアを利用してくれそうな層に、早い段階で周知させようとアプローチしていたのだと思われます」(松崎氏)

 ネット上での個人利用を想定した際、確かにSNSを頻繁に利用する客層へのアプローチは効果が高いのだろう。では、なぜダイソーはECサイトのスタートに踏み切ったのだろうか。その背景にはやはり、コロナ禍で大きく変わった消費者のライフスタイルが影響しているようだ。

「ダイソーはショッピングモールなどのテナントとして入っているケースも多いですが、去年は感染対策の観点から、商業施設自体が営業自粛、あるいは時短営業を余儀なくされるケースも多かった。そのため、ある程度売り上げにダメージがあったはずです。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合