NEW

レンタルのゲオが始めた「ゲオヤ」とは?昭和の雰囲気すら感じる謎のコンビニ業態

文=谷口京子
【この記事のキーワード】, ,
「ゲオヤ 蓮根2丁目店」の外観
「ゲオヤ 蓮根2丁目店」の外観

「GEO(ゲオ)」と聞くと、DVDや漫画のレンタル店を思い浮かべる人がほとんどだろう。しかし、ゲオショップを運営しているゲオホールディングスでは、衣料品や雑貨の買い取り・販売を行う「セカンドストリート」や、中古携帯・スマホの買い取り・販売の「ゲオモバイル」など、さまざまな事業を展開している。

 そんな同社が2021年1月にオープンしたのが「GEO-YA(ゲオヤ)」という新業態だ。なんでも、売っているのは中古のDVDでも古着でもなく、お菓子や飲み物などの食品を扱っているとか……そんな謎多きゲオヤに行ってみた。

公式サイトはなし…板橋区にオープンしたゲオヤ

 ゲオヤを運営しているのは、ゲオHDのグループ企業で20年7月31日に設立された株式会社ゲオリテール。21年1月21日に「ゲオヤ 蓮根2丁目店」をオープンし、その2日後に「ゲオヤ ときわ台駅前店」をオープンした。なぜか、どちらも東京都板橋区に店を構えている。

レンタルのゲオが始めた「ゲオヤ」とは?昭和の雰囲気すら感じる謎のコンビニ業態の画像1
ゲオホールディングス公式HPより

 主に食品を扱っているということから、「あのGEOがついにコンビニに参入?」とネットがざわついたのだが、その実態がなかなかつかめない。ゲオHDの「グループ一覧」のページにゲオリテールの名前はあるものの、電話番号や問い合わせ先はなく、ニュースリリースも見当たらない。大々的な宣伝はしていないようだ。なかなか概要がつかめないので、1号店の蓮根2丁目店に実際に行ってみることにした。

 最寄りは都営地下鉄三田線の蓮根駅。駅から徒歩5分圏内に「業務スーパー」や「みらべる」「Big-A」などの激安スーパーが乱立している。駅を出て高架下を3分ほど歩くと、「GEO-YA」の文字が書かれた、味のある立て看板を発見。看板を頼りに右に曲がると、店の外観が見えてきた。

レンタルのゲオが始めた「ゲオヤ」とは?昭和の雰囲気すら感じる謎のコンビニ業態の画像2
大きな通りからは店の外観と入り口が見えないので、立て看板で通行人を誘導しているようだ

 立て看板の他にも、入り口周辺には「たばこ」の“のぼり”が立てられ、「お菓子 飲料 安い」と書かれたポスターがイーゼルに置かれているなど、ネットで宣伝していないわりに主張が激しい外観だ。

店内には喫煙スペースも

レンタルのゲオが始めた「ゲオヤ」とは?昭和の雰囲気すら感じる謎のコンビニ業態の画像3
店内の様子

 売り場面積は11坪(約20畳)で少々狭い印象だが、約700点もの商品がところ狭しと並んでいる。身長156cmの筆者の目線よりも高い位置に商品が陳列されていた。圧迫感はあるが、狭小店舗ならではの工夫なのかもしれない

レンタルのゲオが始めた「ゲオヤ」とは?昭和の雰囲気すら感じる謎のコンビニ業態の画像4

レンタルのゲオが始めた「ゲオヤ」とは?昭和の雰囲気すら感じる謎のコンビニ業態の画像5
「よっちゃんイカ」や「きなこ棒」など、懐かしの駄菓子も売られている。ジュースの棚には、コンビニではあまりお見かけしない商品も陳列されていた
レンタルのゲオが始めた「ゲオヤ」とは?昭和の雰囲気すら感じる謎のコンビニ業態の画像6
喫煙室は感染症対策から定員は2名、広さは2畳ほどだった

 入り口を入って左手には扉付きの「喫煙室」があり、缶コーヒー片手にスマホをいじりながら一服する客の姿も。都内の喫茶店は完全禁煙になり、コンビニ前からも屋外灰皿が撤去されつつある令和3年に誕生した、新たな喫煙スポット。蓮根スモーカーの憩いの場となっているようだ。

レンタルのゲオが始めた「ゲオヤ」とは?昭和の雰囲気すら感じる謎のコンビニ業態の画像7
コーヒーマシンには「炭火焙煎コーヒー」に加えて「カフェモカ」「カフェラテ」「ココア」のボタンがあり、それぞれホットとアイスが選べる

 菓子類の他にも、コンビニの定番になっているセルフ販売のコーヒーマシンが設置され、隣では焼き芋も販売されていた。手軽に食べられるファストフードのラインナップとして、あえて焼き芋を売るという独特なセンスが光る。

 会計はセルフレジで売り場は無人だが、店員の代わりに複数の防犯カメラが目を光らせていた。セルフレジに「店員呼び出しボタン」があったので、別の場所で待機しているのだろう。

RANKING

11:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合