NEW

サワイGHD、なぜ不正発覚で廃業寸前の小林化工の全工場を推定100億円で取得?

文=Business Journal編集部
サワイGHD、なぜ不正発覚で廃業寸前の小林化工の全工場を推定100億円で取得?の画像1
小林化工のHPより

 ジェネリック(後発医薬品)大手3社の21年4~12月期の連結決算は品質不正の影響が業績を大きく左右した。日医工は最終赤字、東和薬品は増益、サワイグループホールディングス(GHD)は減益となった。

 品質不正が発覚した日医工の連結決算(国際会計基準)は棚卸資産評価損の計上で最終損益が157億円の赤字(20年4~12月期は2億円の赤字)となった。最終赤字は2期連続で、赤字は第3四半期(4~12月期)として過去最大額となった。

 日医工の売上高にあたる売上収益は前年同期比3%減の1348億円、営業損益は153億円の赤字(前年同期は1700万円の黒字)だった。業務停止命令を受けた富山第一工場(富山県滑川市)の生産の全面再開が遅れており、原材料や仕掛品の廃棄に伴い棚卸資産評価損を48億円計上した。製造委託先の小林化工(福井県あわら市)の生産・出荷停止も響いた。

 富山第一工場は日医工の主力工場。ジェネリック医薬品の不正製造をめぐり、21年3月に県から業務停止命令を受けた。業務停止期間を終えた同4月から製造や出荷を再開したが、品質チェックなどに想定以上の時間がかかった。富山第一工場では400品目のうち4割程度にあたる169品目が「出荷調整中」と説明している。

 22年3月期通期の業績予想は売上収益が前年比2%減の1850億円、営業損益は171億円の赤字、最終的には創業以来最大となる186億円の赤字を見込む。配当は無配にした中間期に続き期末も見送る。年間での無配は、実は22年ぶりのことだ。

 東和薬品は日医工や小林化工からの代替需要を取り込み増収・増益となった。売上高は前年同期比9%増の1256億円、純利益は59%増の150億円だった。22年3月期(通期)は売上高が前年比8%増の1867億円、純利益は11%増の154億円と増収・増益の見通し。年間配当を21年3月期比16円増の60円と従来予想から9円引き上げる。

 サワイGHDの連結決算(国際会計基準)は売上収益が1486億円、純利益は158億円。沢井製薬の株式移転により21年4月にサワイGHDが設立された。沢井製薬当時の20年4~12月期単独決算と比較すると、売上収益は4%増、純利益は9%減と増収・減益だ。国内では日医工や小林化工からの代替需要があったが、米国でジェネリックの新規の参入が相次ぎ競争が激化し、販売が落ち込んだ。

 持ち株会社として初めての本決算となる22年3月期は売上収益が1964億円、純利益は195億円を見込む。中間・期末合わせて年間130円の配当を予定している。

RANKING

5:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合