NEW

阪神・矢野燿大監督、退任が早まる可能性も?史上最悪の開幕9連敗で情勢に変化

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】,
阪神・矢野燿大監督、退任が早まる可能性も?
阪神タイガース公式サイトより

 セ・リーグ史上ワースト記録となる、開幕9連敗――。リーグ戦が開幕しても、阪神タイガースには一向に春が訪れる気配がない。

 前評判は決して悪くはなかった。昨季、終盤ギリギリまで優勝争いを繰り広げたチーム力から考えれば当然だろう。評論家の順位予想でも、優勝候補に推す声も多かった。

 ところが蓋を開けてみると、昨季までの絶対的な守護神であったスアレスの退団、野手補強ゼロ、そして新守護神カイル・ケラーの乱調など、とにかく歯車が噛み合わない。気の早いメディアからは、すでに「阪神の優勝確率はゼロ」といった報道が出るほどチームは低迷している。一体、猛虎に何が起こっているのか――。

 低迷の一番の理由に挙げられるのが、矢野燿大監督の退任報道だった。スポーツ紙デスクが言う。

「長年、プロ野球の取材をしてきましたが、開幕前に今季限りの退任発表というのは、記憶にありません。2019年に矢野監督が就任してから、3年連続Aクラスと成績は悪くありません。特に昨シーズンは新人を起用しながら優勝争いを繰り広げ、“育てながら勝つ”という、野球界でもっとも難しい離れ業をやってのけました。歴代監督のなかでも、結果という面ではかなり残していた、という見方が妥当でしょう。ところが、シーズン開幕前に突然の辞任発表。メディアだけではなく、選手の間でも『一体なぜ』という雰囲気が一気に広まりました」

 12球団でも有数の人気を誇るだけに、当然ファンからの注文は厳しい。すでに球団SNSにも批判が殺到する事態にまで発展している。まだ本拠地・甲子園での開催がないとはいえ、虎ファンの我慢も限界に来ているのかもしれない。前出のスポーツ紙デスクは、球団の体質的に首脳陣とフロントの間で大きな溝が生まれているのではないか、と指摘する。

「一昔前では考えられませんが、近年のタイガースは勝利に慣れてしまった節があります。それはフロントも同様です。今やタイガースは、巨額の年俸、潤沢な補強費を生かして、優勝が厳命される球団になりました。ですから、フロントとしても上位争いくらいでは満足できなくなり、昨シーズンについて『なぜ優勝できなかったのか』という方向に視点が向くようになっています。

 ほとんどの助っ人外国人が1億円を超える高額年俸のなか、思うような活躍ができていないということも、フロントは納得できなかったようです。そうなると、矢野監督の采配に問題がある、という結論に行き着くわけです。ただし、ドラフトも即戦力というよりは、将来性への投資の意味合いが強く、この辺りのフロントの方針も矢野監督との間でズレが生まれていたとみています」

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合