NEW

小室圭さん、再び弁護士試験で不合格か…重要な時期に結婚を急いだ眞子さんの“責任”

文=Business Journal編集部
小室圭さん、再び弁護士試験で不合格か…重要な時期に結婚を急いだ眞子さんの責任の画像1
宮内庁のHPより

 昨年10月に秋篠宮家の長女、眞子さんと結婚した小室圭さんは、2月に米ニューヨーク(NY)州の弁護士資格試験を再受験していたが、14日深夜(日本時間)に同州司法試験委員会が公式サイトに公表した合格者リストに、小室さんの名前が掲載されていないことがわかった。小室さんは昨年にも同試験を受験し不合格となっていたが、今回の再挑戦でも不合格となった可能性がある。

 2017年に婚約内定を発表してから現在に至るまで、小室さんと眞子さんがたどった道のりは波乱に満ちたものだった。同年に小室さんと母・佳代さんが抱える約400万円の借金トラブルが公けになると、翌18年には婚約内定が事実上延期され、同年には小室さんは米フォーダム大学に授業料全額免除という待遇を受けて入学。その際、同大学のHPで小室さんは「fiance of Princess Mako(眞子さまのフィアンセ)」と紹介されたことから、小室さんが“皇族の婚約者”という立場を利用しているのではないかという声が高まった。

 その後、秋篠宮さまは会見で「多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ、婚約にあたる納采の儀を行うことはできません」と婚約に否定的な見解を述べられ、小室さんは複数回にわたり長文の説明文書を公開。そして昨年には小室さんがフォーダム大学を卒業し、NY州弁護士試験を受験。NYの法律事務所へ就職することも判明し、同10月にはお2人が結婚されることが宮内庁から正式に発表され、4年にわたり日本中を騒がせた“プリンセスの恋物語”に終止符が打たれたかに思われた。

 しかし、そこからも波乱は続く。結婚会見や各種手続きのために小室さんが一時帰国していた同10月末、弁護士資格試験に不合格となったことが判明。翌月には生活拠点となるNYに向けて出国し、小室さんは法律事務所で法務助手として働き、お2人のツーショット写真がたびたび海外メディアで取り上げられることも。今月には、眞子さんが元東京大学総合研究博物館特任研究員というキャリアを生かしてNY有数の美術館「メトロポリタン美術館」で仕事を始めているとも一斉に報じられていた。

「昨年10月にお2人でのぞまれた結婚会見で、眞子さんは小室家の金銭トラブルについて『私がお願いした方向で進めていただきました』と明かされ、小室さんが金銭トラブルの渦中にアメリカへ留学したことに関しても『海外に拠点をつくってほしいと、私がお願いしました』と言い切られた。小室さんが同5月にフォーダム大学を卒業する直前の4月に長文の説明文書を発表し、さらに弁護士資格試験の合否発表のタイミングに合わせて結婚するという一連のシナリオは、眞子さんが描き、主導されたものだった。

 その一方、昨年に小室さんが不合格となった直後、代理人はメディアの取材に“不合格になったのは学力の問題ではない”と返答していたが、結婚に向けた一連の準備や“下地づくり”のために、小室さんが落ち着いて試験勉強に取り組めなかったという意味だと受け止められている。

 裏を返せば、小室さんが難関の弁護士試験の勉強に全神経と時間を注がなければならない大切な時期にもかかわらず、眞子さんが結婚を急がれたばっかりに、4月の説明文書の作成から始まる結婚に向けた準備によって、それを妨げてしまったともいえ、眞子さんにも責任の一端があったという面は否めないのではないか」(週刊誌記者)

秋篠宮さまの苦悩

 また、都内の法律事務所に所属する弁護士は、今回のNY州弁護士資格試験の合否公表前の段階で次のように述べていた。

「アメリカの大手法律事務所は、アソシエイトと呼ばれる新米弁護士と同様に新人パラリーガルも超激務で知られる。そのため、ロースクール卒業から時間が空いてどんどん知識が薄れてしまう上に多忙で試験勉強の時間を確保できない再受験組の合格率は、初回受験者よりもぐんと下がる。

 法律事務所で働きながら再受験に挑む人たちは、“後がない”という危機感を抱きながら仕事以外の時間をすべて勉強に費やすことになるが、小室さんの場合、日本への帰国や眞子さんとの結婚・新生活スタートなど大きなイベントが重なり、加えてパブで知人たちと酒を飲む様子なども報じられていたので、果たして合格できるのかというか、そもそも本人に合格する気があるのか疑問に感じる」

RANKING

23:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合