NEW

ワキ汗やワキガ、多彩な治療の選択肢!夏到来の前に治療を

文=吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
ワキ汗やワキガ、多彩な治療の選択肢!夏到来の前に治療をの画像1
ワキガは治療できる!(「Getty Images」より)

 5月最後の週末、東京都心では最高気温が30度を超え、今年初の真夏日となった。例年より早い夏の到来は、「汗」の悩みを抱える人にとって、ストレスが一つ増えるといっても過言ではないだろう。

 汗に悩む人は非常に多く、なかでも「ワキ汗」や「ワキガ」は、その程度によっては仕事や人間関係に影響を及ぼすこともある。実は、ワキ汗やワキガは治療できるが、あまり広く知られていない。ワキ汗やワキガの治療について、大阪府豊中市の千里中央花ふさ皮ふ科院長・花房崇明医師に話を聞いた。

 誰しも運動時や気温が高い環境に置かれた場合、シャツに汗ジミができるほどの多くの汗をかくだろう。しかしながら、そういった環境下ではないにもかかわらず、多くの汗をかく場合、「多汗症」という病気の可能性がある。しかし、汗っかき=多汗症ではなく、多汗症には一定の診断基準がある。

「局所的に過剰な発汗が、明らかな原因がないまま 6カ月以上認められ、次に解説する6症状のうち、2項目以上あてはまる場合を『多汗症』と診断します」(花房医師)

 その6症状とは、下記の通りである。

(1)最初に症状がでるのが、25歳以下であること

(2)対称性に発汗がみられること

(3)睡眠中は、発汗が止まっていること

(4)1週間に1回以上、多汗のエピソードがあること

(5)家族歴がみられること

(6)それらによって、日常生活に支障をきたすこと

「局所多汗症が出やすい部位は、腋窩、手掌、足底です。また、顔面や頭皮、胸腹部などにもみられることがあります。有病率は腋窩の多汗症が5.75%と高く、当院への相談の多さも、ワキ汗がもっとも多い印象です」(同)

RANKING

17:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合